高出力・閉サイクルTEA CO[2]レーザに関する理論的研究

この論文をさがす

著者

    • 外園, 博一 ホカゾノ, ヒロカズ

書誌事項

タイトル

高出力・閉サイクルTEA CO[2]レーザに関する理論的研究

著者名

外園, 博一

著者別名

ホカゾノ, ヒロカズ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第1131号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 横方向放電励起大気圧(TEA)C0₂レーザの特徴とその応用 / p2 (0010.jp2)
  5. 1.2 高出力TEAC0₂レーザ開発の現状 / p7 (0015.jp2)
  6. 1.3 励起放電によるレーザガスの劣化現象とTEAC0₂レーザの動作寿命 / p9 (0017.jp2)
  7. 1.4 本研究の目的と意義 / p11 (0019.jp2)
  8. 参考文献、図表 / p12 (0020.jp2)
  9. 第2章 電子衝突によるC0₂およびN₂分子の解離機構 / p21 (0029.jp2)
  10. 2.1 はしがき / p22 (0030.jp2)
  11. 2.2 C0₂分子の解離機構 / p22 (0030.jp2)
  12. 2.3 N₂分子の解離機構 / p26 (0034.jp2)
  13. 2.4 まとめ / p27 (0035.jp2)
  14. 参考文献、図表 / p29 (0037.jp2)
  15. 第3章 閉サイクルTEAC0₂レーザの理論モデル / p36 (0044.jp2)
  16. 3.1 はしがき / p37 (0045.jp2)
  17. 3.2 C0₂レーザの発振機構 / p37 (0045.jp2)
  18. 3.3 理論モデルの構成 / p39 (0047.jp2)
  19. 3.4 繰り返し計算手法 / p50 (0058.jp2)
  20. 3.5 まとめ / p52 (0060.jp2)
  21. 参考文献、図表 / p53 (0061.jp2)
  22. 第4章 理論モデルによるレーザ特性の解析 / p72 (0080.jp2)
  23. 4.1 はしがき / p73 (0081.jp2)
  24. 4.2 放電電圧波形 / p73 (0081.jp2)
  25. 4.3 レーザ出力の充電電圧および出力鏡反射率依存性 / p73 (0081.jp2)
  26. 4.4 レーザ出力波形 / p74 (0082.jp2)
  27. 4.5 まとめ / p75 (0083.jp2)
  28. 参考文献、図表 / p76 (0084.jp2)
  29. 第5章 閉サイクル単一パルス動作時のレーザガス組成変化 / p82 (0090.jp2)
  30. 5.1 はしがき / p83 (0091.jp2)
  31. 5.2 C0₂/N₂分子解離量の蓄積エネルギー密度依存性 / p83 (0091.jp2)
  32. 5.3 C0₂/N₂分子解離量のレーザガス組成依存性 / p87 (0095.jp2)
  33. 5.4 不純物ガス発生量の時間変化 / p89 (0097.jp2)
  34. 5.5 不純物ガス発生量の蓄積エネルギー密度依存性 / p91 (0099.jp2)
  35. 5.6 まとめ / p91 (0099.jp2)
  36. 参考文献、図表 / p93 (0101.jp2)
  37. 第6章 閉サイクル高繰り返し動作時のレーザガス組成とレーザ出力の変化 / p105 (0113.jp2)
  38. 6.1 はしがき / p106 (0114.jp2)
  39. 6.2 レーザガス組成変化とレーザ出力特性の発振繰り返し回数依存性 / p106 (0114.jp2)
  40. 6.3 微量水蒸気のレーザ出力特性およびレーザガス組成に与える影響 / p111 (0119.jp2)
  41. 6.4 C0₂分子の平衡解離度 / p114 (0122.jp2)
  42. 6.5 不純物ガスの予備電離特性に与える影響 / p118 (0126.jp2)
  43. 6.6 まとめ / p119 (0127.jp2)
  44. 参考文献、図表 / p121 (0129.jp2)
  45. 第7章 閉サイクルTEAC0₂レーザの安定動作のためのレーザガス再生条件 / p142 (0150.jp2)
  46. 7.1 はしがき / p143 (0151.jp2)
  47. 7.2 固体触媒のモデル化 / p144 (0152.jp2)
  48. 7.3 C0₂の平衡解離度とレーザ出力のガス再生率依存性 / p146 (0154.jp2)
  49. 7.4 安定動作に必要なガス再生率 / p147 (0155.jp2)
  50. 7.5 閉サイクルTEAC0₂レーザ用固体触媒装置の概念設計 / p148 (0156.jp2)
  51. 7.6 まとめ / p150 (0158.jp2)
  52. 参考文献、図表 / p152 (0160.jp2)
  53. 第8章 結論 / p159 (0167.jp2)
  54. 8.1 はしがき / p160 (0168.jp2)
  55. 8.2 閉サイクル単一パルス動作時のレーザガス組成変化 / p160 (0168.jp2)
  56. 8.3 閉サイクル高繰り返し動作時のレーザガス組成とレーザ出力の変化 / p161 (0169.jp2)
  57. 8.4 閉サイクルTEAC0₂レーザの安定動作のためのレーザガス再生条件 / p162 (0170.jp2)
  58. 8.5 総括 / p163 (0171.jp2)
  59. 謝辞 / p164 (0172.jp2)
  60. 付録 A 弾性電子衝突、非弾性電子衝突の衝突断面積 / A-1 / (0175.jp2)
  61. 付録 B 電子衝突過程の反応定数 / B-1 / (0194.jp2)
  62. 付録 C イオン-イオン再結合の反応定数 / C-1 / (0205.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087770
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087987
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252084
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ