管内温度成層流の乱流構造

この論文をさがす

著者

    • 小林, 健一, 1963- コバヤシ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

管内温度成層流の乱流構造

著者名

小林, 健一, 1963-

著者別名

コバヤシ, ケンイチ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第1144号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / (0003.jp2)
  2. ABSTRACT / (0005.jp2)
  3. 目次 / (0006.jp2)
  4. 記号表 / (0009.jp2)
  5. 第1章 序論 / p1 (0011.jp2)
  6. 1・1 成層乱流に関する研究の工学的意義 / p2 (0012.jp2)
  7. 1・2 成層乱流に関する研究の現状 / p4 (0014.jp2)
  8. 1・3 本研究の目的 / p7 (0017.jp2)
  9. 1・4 本論文の構成 / p8 (0018.jp2)
  10. 第2章 成層乱流に関する基礎事項 / p10 (0020.jp2)
  11. 2・1 浮力による対流を考慮した基礎方程式 / p11 (0021.jp2)
  12. 2・2 リチャードソン数 / p14 (0024.jp2)
  13. 2・3 熱と流れの移動に関する相似則 / p16 (0026.jp2)
  14. 第3章 二方向速度・温度同時計測システム / p17 (0027.jp2)
  15. 3・1 緒言 / p18 (0028.jp2)
  16. 3・2 流速測定システム / p19 (0029.jp2)
  17. 3・3 温度測定システム / p21 (0031.jp2)
  18. 3・4 二方向速度・温度同時計測システム / p23 (0033.jp2)
  19. 第4章 二次元時系列速度計測システム / p33 (0043.jp2)
  20. 4・1 緒言 / p34 (0044.jp2)
  21. 4・2 二次元時系列速度計測システムの構成 / p35 (0045.jp2)
  22. 4・3 相関法による速度測定原理 / p37 (0047.jp2)
  23. 4・4 レーザ誘起蛍光法による温度測定原理 / p38 (0048.jp2)
  24. 4・5 不確かさ解析 / p40 (0050.jp2)
  25. 4・6 画像計測システムの測定精度の検討 / p40 (0050.jp2)
  26. 第5章 矩形断面管内に形成された安定温度成層流の乱流熱輸送 / p46 (0056.jp2)
  27. 5・1 緒言 / p47 (0057.jp2)
  28. 5・2 実験装置および方法 / p47 (0057.jp2)
  29. 5・3 実験結果および考察 / p49 (0059.jp2)
  30. 5・4 結言 / p52 (0062.jp2)
  31. 第6章 円管内に形成された安定温度成層流の乱流熱輸送 / p72 (0082.jp2)
  32. 6・1 緒言 / p73 (0083.jp2)
  33. 6・2 実験装置および方法 / p73 (0083.jp2)
  34. 6・3 実験結果および考察 / p75 (0085.jp2)
  35. 6・4 結言 / p80 (0090.jp2)
  36. 第7章 成層界面における乱流熱輸送のメカニズム / p100 (0110.jp2)
  37. 7・1 緒言 / p101 (0111.jp2)
  38. 7・2 実験結果および考察 / p101 (0111.jp2)
  39. 7・3 結言 / p105 (0115.jp2)
  40. 第8章 結論 / p125 (0135.jp2)
  41. 謝辞 / p129 (0139.jp2)
  42. 参考文献 / p130 (0140.jp2)
  43. 本論文に関連する著者の発表論文 / p142 (0152.jp2)
  44. APPENDIX / p144 (0154.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087783
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000979154
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252097
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ