音波スペックルの性質とその応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大矢, 晃久 オオヤ, アキヒサ

書誌事項

タイトル

音波スペックルの性質とその応用に関する研究

著者名

大矢, 晃久

著者別名

オオヤ, アキヒサ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第1149号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / p40 (0001.jp2)
  2. 論文要旨 / p1 (0005.jp2)
  3. 目次 / p2 (0006.jp2)
  4. 第1章.序論 / p1 (0008.jp2)
  5. 1-1 本研究の背景 / p2 (0009.jp2)
  6. 1-2 本研究の目的 / p7 (0014.jp2)
  7. 1-3 本論文の構成 / p8 (0015.jp2)
  8. 第2章.スペックルとは / p10 (0017.jp2)
  9. 2-1 はじめに / p11 (0018.jp2)
  10. 2-2 スペックルの発生とその性質 / p14 (0021.jp2)
  11. 2-3 スペックルの低減 / p18 (0025.jp2)
  12. 2-4 スペックルの積極的応用 / p22 (0029.jp2)
  13. 2-5 まとめ / p24 (0031.jp2)
  14. 第3章.スペックル領域の定量化 / p26 (0033.jp2)
  15. 3-1 はじめに / p27 (0034.jp2)
  16. 3-2 スペックル領域の定量化 / p29 (0036.jp2)
  17. 3-3 点散乱体群に対する超音波エコー映像系のモデル / p33 (0040.jp2)
  18. 3-4 計算機シミュレーションー / p38 (0045.jp2)
  19. 3-5 検討 / p46 (0053.jp2)
  20. 3-6 まとめ / p50 (0057.jp2)
  21. 第4章.スペックルの平均粒径 / p51 (0058.jp2)
  22. 4-1 はじめに / p52 (0059.jp2)
  23. 4-2 スペックルの平均粒径 / p54 (0061.jp2)
  24. 4-3 可干渉領域との関係 / p58 (0065.jp2)
  25. 4-4 計算機シミュレーション / p60 (0067.jp2)
  26. 4-5 検討 / p67 (0074.jp2)
  27. 4-6 まとめ / p69 (0076.jp2)
  28. 第5章.散乱体分布の不規則性の推定 / p70 (0077.jp2)
  29. 5-1 はじめに / p71 (0078.jp2)
  30. 5-2 スペックルと散乱体分布の規則性との関係 / p73 (0080.jp2)
  31. 5-3 計算機シミュレーション / p77 (0084.jp2)
  32. 5-4 検討 / p81 (0088.jp2)
  33. 5-5 まとめ / p86 (0093.jp2)
  34. 第6章.総括的検討 / p87 (0094.jp2)
  35. 6-1 はじめに / p88 (0095.jp2)
  36. 6-2 シミュレーション方法の妥当性 / p89 (0096.jp2)
  37. 6-3 散乱体分布モデルの妥当性 / p93 (0100.jp2)
  38. 6-4 組織性状診断の可能性 / p101 (0108.jp2)
  39. 6-5 まとめ / p103 (0110.jp2)
  40. 第7章.結論 / p104 (0111.jp2)
  41. 謝辞 / p108 (0115.jp2)
  42. 参考文献 / p109 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087788
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088005
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252102
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ