核酸拮抗物質の抗ニワトリコクシジウム活性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松野, 年美 マツノ, トシミ

書誌事項

タイトル

核酸拮抗物質の抗ニワトリコクシジウム活性に関する研究

著者名

松野, 年美

著者別名

マツノ, トシミ

学位授与大学

麻布大学

取得学位

獣医学博士

学位授与番号

乙第310号

学位授与年月日

1992-04-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0010.jp2)
  3. 序 / p1 (0012.jp2)
  4. 1-1.ニワトリコクシジウムおよびニワトリコクシジウム症 / p1 (0012.jp2)
  5. 1-2.抗コクシジウム剤 / p2 (0013.jp2)
  6. (1)Nicarbazin / p2 (0013.jp2)
  7. (2)Zoalene / p3 (0014.jp2)
  8. (3)Amproliurn / p3 (0014.jp2)
  9. (4)Decoquinate および Clopidol / p3 (0014.jp2)
  10. (5)Robenidine / p4 (0015.jp2)
  11. (6)Monensin および他のpolyether抗生物質 / p4 (0015.jp2)
  12. (7)Halofuginone / p6 (0017.jp2)
  13. (8)Arprinocid / p6 (0017.jp2)
  14. (9)6-Azauracil誘導体 / p7 (0018.jp2)
  15. 1-3.表記方法 / p8 (0019.jp2)
  16. 第I章 ピリミジン誘導体および関連化合物の抗コクシジウム効果 / p9 (0020.jp2)
  17. 第1節 ピリミジン誘導体の抗コクシジウム効果 / p9 (0020.jp2)
  18. 実験1-1 ウラシル関連化合物の抗コクシジウム効果 / p9 (0020.jp2)
  19. 実験1-2 トリアジン誘導体の抗コクシジウム効果 / p11 (0022.jp2)
  20. 考察および小括 / p12 (0023.jp2)
  21. 第2節 ウラシル関連化合物ピラジン誘導体の抗コクシジウム効果 / p14 (0025.jp2)
  22. 実験2-1 ウラシル類縁物質エミマイシンの抗コクシジウム効果 / p14 (0025.jp2)
  23. 実験2-2 ウリジン類縁物質エミマイミノン・リボシドの抗コクシジウム効果 / p15 (0026.jp2)
  24. 実験2-3 オロチン酸類縁物質カルボキシ・エミマイシンの抗コクシジウム効果 / p16 (0027.jp2)
  25. 考察および小括 / p18 (0029.jp2)
  26. 第3節 ウラシル関連化合物の活性の拮抗現象 / p21 (0032.jp2)
  27. 実験3-1 ピリミジン誘導体の活性の拮抗現象に関する試験 / p21 (0032.jp2)
  28. 実験3-2 エミマイシン誘導体の活性の拮抗抗現象に関する試験 / p22 (0033.jp2)
  29. 考察および小括 / p23 (0034.jp2)
  30. 第II章 プリン誘導体および核酸代謝阻害に関連する化合物の抗コクシジウム効果 / p24 (0035.jp2)
  31. 第1節 プリン環を有する種々な化合物の抗コクシジウム効果 / p24 (0035.jp2)
  32. 実験4-1 プリン関連物質のスクリーニングにおける抗コクシジウム活性 / p24 (0035.jp2)
  33. 実験4-2 9-(置換ペンジル)-6-アミノプリン誘導体の抗コクシジウム効果 / p26 (0037.jp2)
  34. 実験4-3 Arprinocid,VM-63867およびVM-6736の抗コクシジウム効果 / p27 (0038.jp2)
  35. 実験4-4 VM-6387に対する耐性獲得試験 / p29 (0040.jp2)
  36. 考察および小括 / p30 (0041.jp2)
  37. 第2節 核酸代謝阻害に関連する化合物の抗コクシジウム効果 / p33 (0044.jp2)
  38. 実験5-1 8-アミノキノリンの抗コクシジウム効果 / p33 (0044.jp2)
  39. 実験5-2 サルファ剤とジアミノピリミジンの抗コクシジウム効果 / p34 (0045.jp2)
  40. 考察および小括 / p36 (0047.jp2)
  41. 総合考察 / p39 (0050.jp2)
  42. 引用文献 / p42 (0053.jp2)
  43. 英文要約 / p52 (0063.jp2)
  44. Anticoccidials.I.Syntheses and Anticoccidial Activity of 2-Amino-5-aryl-1,3,4-oxadiazoles,5-Alkoxy-3-aryl-1H-1,2,4-triazoles,and 3-Aryl-⊿²-1,2,4-triazolin-5-ones / (0114.jp2)
  45. 最近の抗コクシジウム剤 / p676 (0121.jp2)
  46. Anticoccidials.VI.¹⁾ An Improved Synthesis of 1,6-Dihydro-6-oxo-2-pyrazinecarboxylic Acid 4-Oxide and Some Related Derivatives and Determination of Anticoccidial Activity / p88 (0126.jp2)
  47. Anticoccidial Activity of a New Polyether Antibiotic,Carriomycin in Battery Trial / p192 (0137.jp2)
  48. Eimeria tenella,E.necatrix,E.acervulina,and E.maxima:Anticoccidial Activity of 1,6-Dihydro-6-oxo-2-pyrazinecarboxylic Acid 4-Oxide / p55 (0140.jp2)
  49. Eimeria tenella,E.necatrix,E.acervulina,E.maxima,and E.brunetti:Potent Anticoccidial Activity of an Uridine Analog,1-(β-D-Ribofuranosyl)-2(IH)-pyrazinone 4-0xide / p42 (0148.jp2)
  50. ANTICOCCIDIAL ACTIVITY OF 9-(2-CHLORO-6-FLUOROBENZYL)-6-METHYLAMINOPURINE AND 9-(2-CHLORO-6-FLUOROBENZYL)-6-DIMETHYLAMINOPURINE AGAINST EIMERIA TENELLA,E.ACERVULINA,AND E.MAXIMA IN BATTERY TRIALS / p249 (0154.jp2)
  51. Anticoccidial Activity of 8-Aminoquinolines,Pamaquine,Primaquine and Several Molecu-lar Complexes and Salts of Pamaquine,against Eimeria tenella,E.necatrix,E.acervulina, E.maxima,and E.brunetti in Battery Experiments / (0164.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087905
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088123
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252219
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ