初代培養肝細胞におけるc-myc遺伝子の発現調節機構に関する研究 ショダイ バイヨウ カンサイボウ ニ オケル c-myc イデンシ ノ ハツゲン チョウセツ キコウ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 朝長, 毅 トモナガ, タケシ

書誌事項

タイトル

初代培養肝細胞におけるc-myc遺伝子の発現調節機構に関する研究

タイトル別名

ショダイ バイヨウ カンサイボウ ニ オケル c-myc イデンシ ノ ハツゲン チョウセツ キコウ ニ カンスル ケンキュウ

著者名

朝長, 毅

著者別名

トモナガ, タケシ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1259号

学位授与年月日

1992-06-08

注記・抄録

博士論文

学位:千大院医博乙第1146号

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 1. 緒言 / p1 (0003.jp2)
  3. 2. 方法 / p2 (0004.jp2)
  4. (1)肝細胞の分離と培養 / p2 (0004.jp2)
  5. (2)DNA合成能の測定 / p2 (0004.jp2)
  6. (3)RNAの抽出 / p2 (0004.jp2)
  7. (4)ノーザンハイブリダイゼーション法 / p3 (0004.jp2)
  8. (5)肝細胞内イノシトールリン酸の測定 / p4 (0005.jp2)
  9. (6)肝細胞内遊離カルシウム濃度の測定 / p4 (0005.jp2)
  10. (7)使用薬剤 / p5 (0005.jp2)
  11. 3. 結果 / p6 (0006.jp2)
  12. (1)初代培養肝細胞におけるc-mycの発現とDNA合成能の時間的推移 / p6 (0006.jp2)
  13. (2)初代培養肝細胞におけるc-myc mRNAの転写と分解の速度 / p6 (0006.jp2)
  14. (3)初代培養肝細胞におけるc-mycの発現に及ぼす種々の培養条件の影響 / p6 (0006.jp2)
  15. (4)初代培養肝細胞におけるc-mycの発現を阻害する因子の検討 / p7 (0006.jp2)
  16. (5)各種シグナル伝達阻害剤ならびにトポイソメラーゼ阻害剤のc-mycの発現に対する作用 / p8 (0007.jp2)
  17. (6)初代培養肝細胞におけるc-mycの発現増大に対する細胞内カルシウムとCキナーゼの関与の検討 / p9 (0007.jp2)
  18. (7)イソフラボノイドによるc-mycの発現抑制のメカニズム / p10 (0008.jp2)
  19. 4. 考察 / p11 (0008.jp2)
  20. 5. 結語 / p13 (0009.jp2)
  21. 謝辞 / p14 (0010.jp2)
  22. 引用文献 / p15 (0010.jp2)
  23. 表 / p22 (0014.jp2)
  24. 図 / p25 (0015.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088185
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088403
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000252499
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ