ラット上頸神経節における過分極性後電位の性質及び生理的役割

この論文をさがす

著者

    • 河合, 智之 カワイ, トモユキ

書誌事項

タイトル

ラット上頸神経節における過分極性後電位の性質及び生理的役割

著者名

河合, 智之

著者別名

カワイ, トモユキ

学位授与大学

名古屋市立大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第858号

学位授与年月日

1991-06-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 学位論文内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0007.jp2)
  4. 第I章 序論 / p1 (0009.jp2)
  5. 第II章 実験方法 / p4 (0011.jp2)
  6. II-1 標本調製 / p4 (0011.jp2)
  7. II-2 生理的塩溶液 / p4 (0011.jp2)
  8. II-3 細胞内電位誘導法 / p5 (0011.jp2)
  9. II-4 細胞外電位誘導法 / p6 (0012.jp2)
  10. II-5 膜電位固定法 / p6 (0012.jp2)
  11. II-6 節前線維刺激 / p7 (0012.jp2)
  12. II-7 データのコンピューター処理 / p7 (0012.jp2)
  13. II-8 [³H]ライアノジン結合実験 / p7 (0012.jp2)
  14. II-9 統計処理 / p8 (0013.jp2)
  15. II-10 使用薬物 / p8 (0013.jp2)
  16. 第III章 結果及び考察 / p10 (0014.jp2)
  17. III-1 過分極性後電位の基本的性質 / p10 (0014.jp2)
  18. III-2 ヘキサメソニウムの作用 / p13 (0015.jp2)
  19. III-3 アパミンの作用 / p19 (0018.jp2)
  20. III-4 過分極性後電位に関与する細胞内Ca動態の検討 / p32 (0025.jp2)
  21. III-5 過分極性後電位に関与するK電流の性質 / p43 (0030.jp2)
  22. III-6 [³H]ライアノジン結合の薬理学的性質 / p50 (0034.jp2)
  23. III-7 細胞の興奮頻度と過分極性後電位との関係 / p57 (0037.jp2)
  24. 第IV章 総括 / p69 (0043.jp2)
  25. 謝辞 / p71 (0044.jp2)
  26. 参考文献 / p72 (0045.jp2)
  27. HEXAMETHONIUM INCREASES THE EXCITABILITY OF SYMPATHETIC NEURONS BY THE BLOCKADE OF THE CA²⁺-ACTIVATED K⁺ CHANNELS / (0052.jp2)
  28. Blockade of Ca-activated K conductance by apamin in rat sympathetic neurones / p225 (0057.jp2)
  29. Effects of ryanodine on the spike after-hyperpolarization in sympathetic neurones of the rat superior cervical ganglion / (0062.jp2)
  30. Characteristics of 〔³H〕ryanodine binding to the rabbit cerebral microsomes / p331 (0067.jp2)
  31. Ryanodine Suppresses the Frequency-Dependent Component of the Spike After-Hyperpolarization in the Rat Superior Cervical Ganglion / p367 (0070.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088210
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088429
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252524
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ