数値解析による鋳造品の品質予測に関する研究 スウチ カイセキ ニ ヨル チュウゾウ ヒン ノ ヒンシツ ヨソク ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 長坂, 悦敬, 1958- ナガサカ, ヨシユキ

書誌事項

タイトル

数値解析による鋳造品の品質予測に関する研究

タイトル別名

スウチ カイセキ ニ ヨル チュウゾウ ヒン ノ ヒンシツ ヨソク ニ カンスル ケンキュウ

著者名

長坂, 悦敬, 1958-

著者別名

ナガサカ, ヨシユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5707号

学位授与年月日

1992-04-24

注記・抄録

博士論文

10306

博士(工学)

1992-04-24

大阪大学

14401乙第05707号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の概要 / p10 (0010.jp2)
  6. 参考文献 / p12 (0011.jp2)
  7. 第2章 線形内挿前進差分法による凝固熱伝導解析 / p16 (0013.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p16 (0013.jp2)
  9. 2.2 線形内挿前進差分法による凝固熱伝導解析方法 / p17 (0013.jp2)
  10. 2.3 解析例および考察 / p22 (0016.jp2)
  11. 2.4 結言 / p28 (0019.jp2)
  12. 参考文献 / p29 (0019.jp2)
  13. 第3章 L字交差部を持つ鋼鋳物の凝固熱伝導解析 / p30 (0020.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p30 (0020.jp2)
  15. 3.2 実験方法 / p30 (0020.jp2)
  16. 3.3 解析方法 / p32 (0021.jp2)
  17. 3.4 実験および解析結果の比較・検討結果 / p32 (0021.jp2)
  18. 3.5 結言 / p39 (0024.jp2)
  19. 参考文献 / p41 (0025.jp2)
  20. 第4章 板状鋼鋳物の凝固過程に及ぼす注湯時熱移動の影響 / p42 (0026.jp2)
  21. 4.1 緒言 / p42 (0026.jp2)
  22. 4.2 解析モデルおよび解析方法 / p43 (0026.jp2)
  23. 4.3 解析例および考察 / p47 (0028.jp2)
  24. 4.4 結言 / p54 (0032.jp2)
  25. 参考文献 / p55 (0032.jp2)
  26. 第5章 引け巣欠陥の予測 / p56 (0033.jp2)
  27. 5.1 緒言 / p56 (0033.jp2)
  28. 5.2 従来の引け巣予測方法 / p56 (0033.jp2)
  29. 5.3 引け巣の定量的予測方法 / p58 (0034.jp2)
  30. 5.4 鋼鋳物の鋳造実験方法 / p62 (0036.jp2)
  31. 5.5 実験結果と解析結果の比較 / p64 (0037.jp2)
  32. 5.6 アルミニウム合金鋳物の引け巣予測 / p82 (0046.jp2)
  33. 5.7 2、3の機械部品用鋳物における引け巣欠陥予測 / p83 (0046.jp2)
  34. 5.8 結言 / p86 (0048.jp2)
  35. 参考文献 / p87 (0048.jp2)
  36. 第6章 3次元凝固熱伝導解析システム / p88 (0049.jp2)
  37. 6.1 緒言 / p88 (0049.jp2)
  38. 6.2 3次元凝固熱伝導解析システムの概要 / p88 (0049.jp2)
  39. 6.3 3次元要素分割方法 / p93 (0051.jp2)
  40. 6.4 解析結果出力モジュール(ポスト・プロセッサ) / p100 (0055.jp2)
  41. 6.5 物性値メンテナンスユーティリティー / p104 (0059.jp2)
  42. 6.6 結言 / p106 (0060.jp2)
  43. 参考文献 / p107 (0061.jp2)
  44. 第7章 オーステンパー処理された球状黒鉛鋳鉄の組織予測 / p108 (0061.jp2)
  45. 7.1 緒言 / p108 (0061.jp2)
  46. 7.2 解析方法 / p108 (0061.jp2)
  47. 7.3 実験方法 / p115 (0065.jp2)
  48. 7.4 実験結果および解析結果の比較 / p116 (0065.jp2)
  49. 7.5 結言 / p122 (0068.jp2)
  50. 参考文献 / p123 (0069.jp2)
  51. 第8章 鋼および鋼鋳物の焼入れにおける金属組織および残留応力の予測 / p124 (0069.jp2)
  52. 8.1 緒言 / p124 (0069.jp2)
  53. 8.2 熱弾塑性応力解析方法 / p124 (0069.jp2)
  54. 8.3 純鉄丸棒の焼入れ解析 / p131 (0073.jp2)
  55. 8.4 中炭素鋼および高合金鋼丸棒の水スプレー焼入れ解析 / p131 (0073.jp2)
  56. 8.5 軸対称大物鋼鋳物の焼入れ解析 / p142 (0079.jp2)
  57. 8.6 結言 / p146 (0081.jp2)
  58. 参考文献 / p147 (0082.jp2)
  59. 第9章 総括 / p149 (0083.jp2)
  60. 謝辞 / p155 (0086.jp2)
  61. 本論文に関連した公表論文 / p156 (0086.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088249
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000985961
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000252563
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ