非定常線熱源法による液体の熱伝導率測定に関する解析的研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 浩二 マツモト, コウジ

書誌事項

タイトル

非定常線熱源法による液体の熱伝導率測定に関する解析的研究

著者名

松本, 浩二

著者別名

マツモト, コウジ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2387号

学位授与年月日

1991-12-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / 目次-1 / (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / (0009.jp2)
  4. 記号表 / 1-1 / (0010.jp2)
  5. 1・1 緒言 / 1-5 / (0014.jp2)
  6. 1・2 非定常線熱源法による液体の熱伝導率測定 / 1-7 / (0016.jp2)
  7. 1・3 従来の研究 / 1-22 / (0031.jp2)
  8. 1・4 本論文の目的と内容 / 1-28 / (0037.jp2)
  9. 第2章 端部効果の見かけの熱伝導率に及ぼす影響 / (0039.jp2)
  10. 2・1 緒言 / 2-1 / (0040.jp2)
  11. 2・2 端部効果の補正に関する従来の研究 / 2-2 / (0041.jp2)
  12. 2・3 解析 / 2-8 / (0047.jp2)
  13. 2・4 結果及び考察 / 2-19 / (0058.jp2)
  14. 2・5 結言 / 2-40 / (0079.jp2)
  15. 第3章 自然対流の見かけの熱伝導率に及ぼす影響 / (0080.jp2)
  16. 3・1 緒言 / 3-1 / (0081.jp2)
  17. 3・2 解析 / 3-2 / (0082.jp2)
  18. 3・3 結果及び考察 / 3-20 / (0100.jp2)
  19. 3・4 結言 / 3-47 / (0127.jp2)
  20. 第4章 周方向に均一な被覆層の見かけの熱伝導率に及ぼす影響 / (0128.jp2)
  21. 4・1 緒言 / 4-1 / (0129.jp2)
  22. 4・2 解析 / 4-2 / (0130.jp2)
  23. 4・3 結果及び考察 / 4-12 / (0140.jp2)
  24. 4・4 結言 / 4-36 / (0164.jp2)
  25. 穂遺4・1 被覆層の存在の有無による線熱源の温度上昇の特性(時間が大きい領域の場合) / 1-1 / (0165.jp2)
  26. 補遺4・2 被覆層の存在の有無による線熱源の温度上昇の特性(時間が小さい領域の場合) / 2-1 / (0176.jp2)
  27. 第5章 周方向に不均一な被覆層の見かけの熱伝導率に及ぼす影響 / (0183.jp2)
  28. 5・1 緒言 / 5-1 / (0184.jp2)
  29. 5・2 解析 / 5-2 / (0185.jp2)
  30. 5・3 結果及び考察 / 5-15 / (0198.jp2)
  31. 5・4 結言 / 5-30 / (0213.jp2)
  32. 第6章 結論 / 6-1 / (0215.jp2)
  33. 参考文献 / Ref-1 / (0218.jp2)
  34. 謝辞 / (0222.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088321
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088540
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252635
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ