Ising型Heisenberg三角格子反強磁性体RbNiCl[3]の磁気相転移の研究

この論文をさがす

著者

    • 大原, 泰明 オオハラ, ヤスアキ

書誌事項

タイトル

Ising型Heisenberg三角格子反強磁性体RbNiCl[3]の磁気相転移の研究

著者名

大原, 泰明

著者別名

オオハラ, ヤスアキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第2388号

学位授与年月日

1992-01-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-1 相転移と臨界現象 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-2 三角格子反強磁性体と相転移 / p4 (0010.jp2)
  6. 1-3 本研究の目的 / p7 (0013.jp2)
  7. 第二章 ABX₃-Ising型Heisenberg三角格子反磁性体 / p9 (0015.jp2)
  8. 2-1 結晶構造とスピンハミルトニアン / p9 (0015.jp2)
  9. 2-2 磁性パラメーターの決定 / p14 (0020.jp2)
  10. 2-3 S=1量子1次元反強磁性体 / p19 (0025.jp2)
  11. 2-4 RbNiCl₃の磁性パラメーターの特徴 / p22 (0028.jp2)
  12. 第三章 三角格子反強磁性体の相転移 / p25 (0031.jp2)
  13. 3-1 オーダーパラメーター空間の対称性 / p25 (0031.jp2)
  14. 3-2 三角格子反強磁性体の相転移 / p34 (0040.jp2)
  15. 第四章 複屈折 / p37 (0043.jp2)
  16. 4-1 光と物質の相互作用 / p37 (0043.jp2)
  17. 4-2 光と磁性体の相互作用 / p38 (0044.jp2)
  18. 4-3 磁気複屈折と相転移 / p39 (0045.jp2)
  19. 4-4 ABX₃-IHATLの複屈折 / p43 (0049.jp2)
  20. 4-5 実験装置 / p50 (0056.jp2)
  21. 4-6 RbNiCl₃の複屈折の実験 / p54 (0060.jp2)
  22. 4-7 [化学式]のac複屈折の実験 / p67 (0073.jp2)
  23. 第五章 中性子回折 / p90 (0096.jp2)
  24. 5-1 中性子回折と長距離秩序 / p90 (0096.jp2)
  25. 5-2 三角格子反強磁性体のオーダーパラメータ / p92 (0098.jp2)
  26. 5-3 IHATLの中性子回折 / p94 (0100.jp2)
  27. 5-4 RbNiCl₃の中性子回折実験 / p99 (0105.jp2)
  28. 第六章 考察 / p108 (0114.jp2)
  29. 6-1 対称性によるGLWHの構成 / p108 (0114.jp2)
  30. 6-2 RbNiCl₃の臨界現象 / p119 (0125.jp2)
  31. 6-3 繰り込み群によるカイラル相転移の考察 / p123 (0129.jp2)
  32. 6-4 狭い中間相を持つIHATLのε=4-d展開 / p127 (0133.jp2)
  33. 6-5 RbNiCl₃の臨界現象に対する実験的考察 / p129 (0135.jp2)
  34. 第七章 結論 / p131 (0137.jp2)
  35. 謝辞 / p132 (0138.jp2)
  36. 付録 [化学式]の「スピンフロップ」 / p133 (0139.jp2)
  37. 参考文献 / p138 (0144.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088322
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088541
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252636
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ