担持金触媒上での酸化反応およびその機構

この論文をさがす

著者

    • 相田, 隆司 アイダ, タカシ

書誌事項

タイトル

担持金触媒上での酸化反応およびその機構

著者名

相田, 隆司

著者別名

アイダ, タカシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2389号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 金の諸性質 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 触媒としての金の利用 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.3 本論文の意義 / p7 (0011.jp2)
  7. 第2章 有機ハロゲン化合物の酸化および加水分解 / p8 (0012.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p8 (0012.jp2)
  9. 2.2 実験 / p16 (0020.jp2)
  10. 2.3 結果および考察 / p21 (0025.jp2)
  11. 2.4 結論 / p36 (0040.jp2)
  12. 第3章 一酸化窒素の分解および還元 / p38 (0042.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p38 (0042.jp2)
  14. 3.2 実験 / p44 (0048.jp2)
  15. 3.3 結果および考察 / p46 (0050.jp2)
  16. 3.4 結論 / p55 (0059.jp2)
  17. 第4章 担持金触媒の酸化活性発現機構 / p56 (0060.jp2)
  18. 4.1 吸着サイト数の測定 / p56 (0060.jp2)
  19. 4.2 Au/AI₂O₃の触媒作用機構 / p67 (0071.jp2)
  20. 4.3 高温域でのAu/Co₃O₄の作用機構 / p72 (0076.jp2)
  21. 4.4 低温域でのAu/Co₃O₄の作用機構 / p78 (0082.jp2)
  22. 4.5 結論 / p84 (0088.jp2)
  23. 第5章 担持金触媒によるプロピレンの部分酸化 / p87 (0091.jp2)
  24. 5.1 緒言 / p87 (0091.jp2)
  25. 5.2 実験 / p91 (0095.jp2)
  26. 5.3 結果および考察 / p95 (0099.jp2)
  27. 5.4 結論 / p112 (0116.jp2)
  28. 第6章 総括 / p114 (0118.jp2)
  29. Appendix / p115 (0119.jp2)
  30. Nomenclature / p125 (0129.jp2)
  31. Literature Cited / p128 (0132.jp2)
  32. 謝辞 / p131 (0135.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088323
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088542
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252637
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ