ソフトウェアプロセスの形式化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 正人, 1964- ソフトウェア工学 スズキ, マサト

書誌事項

タイトル

ソフトウェアプロセスの形式化に関する研究

著者名

鈴木, 正人, 1964- ソフトウェア工学

著者別名

スズキ, マサト

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2464号

学位授与年月日

1992-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 1 はじめに / p1 (0012.jp2)
  4. 1.1 背景 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的と構成 / p2 (0013.jp2)
  6. 1.3 ソフトウェアプロセスとは / p4 (0015.jp2)
  7. 1.4 プロセスプログラミングの目的と意味 / p4 (0015.jp2)
  8. 1.5 プロセスプログラミングとCASE / p6 (0017.jp2)
  9. 2 ソフトウェアプロセスモデル / p7 (0018.jp2)
  10. 2.1 ソフトウェアプロセスモデルの位置付け / p7 (0018.jp2)
  11. 2.2 フォーマルアプローチの例 / p9 (0020.jp2)
  12. 2.3 ソフトウェアプロセスモデルの分析 / p16 (0027.jp2)
  13. 3 ソフトウェアプロセス記述モデルHFSP / p18 (0029.jp2)
  14. 3.1 機能的側面 / p19 (0030.jp2)
  15. 3.2 実行順序の決定 / p25 (0036.jp2)
  16. 4 HFSPの形式化 / p29 (0040.jp2)
  17. 4.1 記法 / p29 (0040.jp2)
  18. 4.2 表記的意味 / p30 (0041.jp2)
  19. 4.3 操作的意味と評価器の構成 / p34 (0045.jp2)
  20. 5 HFSPによる記述とその評価 / p45 (0056.jp2)
  21. 5.1 JSP法の記述 / p45 (0056.jp2)
  22. 5.2 リアルタイムシステム設計プロセスの記述 / p51 (0062.jp2)
  23. 5.3 評価 / p55 (0066.jp2)
  24. 5.4 動的な実行の実現 / p57 (0068.jp2)
  25. 6 動的実行制御機構Redoの導入 / p60 (0071.jp2)
  26. 6.1 ソフトウェアプロセスにおけるダイナミズムの要求 / p60 (0071.jp2)
  27. 6.2 Redoとは / p61 (0072.jp2)
  28. 6.3 Redoの特徴 / p63 (0074.jp2)
  29. 6.4 手戻りを含んだJSP法のRedoによる記述 / p66 (0077.jp2)
  30. 6.5 評価 / p72 (0083.jp2)
  31. 7 メタオペレーションの導入 / p75 (0086.jp2)
  32. 7.1 メタオペレーションとは / p75 (0086.jp2)
  33. 7.2 メタオペレーションの意味 / p76 (0087.jp2)
  34. 7.3 評価器の拡張 / p81 (0092.jp2)
  35. 7.4 メタオペレーションによるRedoの実現 / p84 (0095.jp2)
  36. 8 メタオペレーションを使用した動的ソフトウェアプロセスの記述 / p88 (0099.jp2)
  37. 8.1 ISPW6例題プロセスの構成 / p88 (0099.jp2)
  38. 8.2 デザイナのプロセス / p90 (0101.jp2)
  39. 8.3 マネージャのプロセス / p92 (0103.jp2)
  40. 9 まとめ / p99 (0110.jp2)
  41. 9.1 機能的側面 / p99 (0110.jp2)
  42. 9.2 挙動的側面 / p99 (0110.jp2)
  43. 9.3 組織的側面 / p100 (0111.jp2)
  44. 10 課題と展望 / p102 (0113.jp2)
  45. 10.1 ソフトウェアプロセスの記述実験 / p102 (0113.jp2)
  46. 10.2 組織的側面の形式化 / p102 (0113.jp2)
  47. 10.3 過去の実行結果の利用 / p104 (0115.jp2)
  48. 10.4 HFSPのフォールトトレラントプログラミングへの応用 / p105 (0116.jp2)
  49. 謝辞 / p106 (0117.jp2)
  50. A HFSP構文規則 / p112 (0123.jp2)
  51. B ソフトウェアプロセスモデリングのための例題(ISPW6例題プロセス) / p115 (0126.jp2)
  52. B.1 はじめに / p115 (0126.jp2)
  53. B.2 核問題 / p116 (0127.jp2)
  54. B.3 拡張問題 / p129 (0140.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088398
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000985973
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252712
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ