様相記号統一化による様相論理定理証明器の研究

この論文をさがす

著者

    • 端山, 毅 ハヤマ, タケシ

書誌事項

タイトル

様相記号統一化による様相論理定理証明器の研究

著者名

端山, 毅

著者別名

ハヤマ, タケシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2466号

学位授与年月日

1992-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 諭文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p2 (0005.jp2)
  3. 1 はじめに / p1 (0012.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / p1 (0012.jp2)
  6. 1.3 本研究の方針と意義 / p2 (0013.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成 / p2 (0013.jp2)
  8. 2 様相論理 / p4 (0015.jp2)
  9. 2.1 構文規則 / p4 (0015.jp2)
  10. 2.2 意味論 / p4 (0015.jp2)
  11. 2.3 様相論理体系 / p6 (0017.jp2)
  12. 2.4 公理系 / p7 (0018.jp2)
  13. 3 CCMU / p8 (0019.jp2)
  14. 3.1 諸定義 / p8 (0019.jp2)
  15. 3.2 道と結合 / p13 (0024.jp2)
  16. 3.3 様相記号列統一化 / p14 (0025.jp2)
  17. 3.4 CCMU / p18 (0029.jp2)
  18. 4 様相タブロー / p21 (0032.jp2)
  19. 4.1 様相タブローの定義 / p21 (0032.jp2)
  20. 4.2 タブロー法の健全性と完全性 / p29 (0040.jp2)
  21. 5 CCMUの健全性 / p35 (0046.jp2)
  22. 6 CCMUの完全性 / p42 (0053.jp2)
  23. 7 CCMU[化学式] / p53 (0064.jp2)
  24. 7.1 CCMU[化学式]の定義 / p56 (0067.jp2)
  25. 7.2 CCMU[化学式]の健全性 / p60 (0071.jp2)
  26. 8 他の様相論理定理証明法との比較 / p75 (0086.jp2)
  27. 8.1 伝統的証明法 / p75 (0086.jp2)
  28. 8.2 リゾリューション / p75 (0086.jp2)
  29. 8.3 重複に関する考察 / p77 (0088.jp2)
  30. 9 まとめ / p80 (0091.jp2)
  31. A 証明例 / p83 (0094.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088400
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088619
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252714
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ