L1[0]型金属間化合物TiAlの相安定性と高温構造用材料としての特性

この論文をさがす

著者

    • 小林, 郁夫 コバヤシ, イクオ

書誌事項

タイトル

L1[0]型金属間化合物TiAlの相安定性と高温構造用材料としての特性

著者名

小林, 郁夫

著者別名

コバヤシ, イクオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2492号

学位授与年月日

1992-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1.高温構造用材料に要求される特性 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.2.金属間化合物 TiA1 の諸特性 / p4 (0008.jp2)
  6. 1.3.TiAl 研究の現状と課題 / p8 (0010.jp2)
  7. 1.4.本研究の目的と本論文の構成 / p11 (0011.jp2)
  8. 第2章 Ti-A1系平衡状態図 / p13 (0012.jp2)
  9. 2.1.はじめに / p15 (0013.jp2)
  10. 2.2.Ti-Al 2元系状態図の変遷 / p16 (0014.jp2)
  11. 2.3.Ti-A1 2元系状態図の相違点とその理由 / p37 (0024.jp2)
  12. 2.4.Ti-A1-X (X; Si.Ni.Cr.Nb) 3元状態図の現状 / p50 (0031.jp2)
  13. 2.5.Ti-A1-Cr 3元状態図の作製 / p61 (0036.jp2)
  14. 2.6.小括 / p66 (0039.jp2)
  15. 第3章 Ti-A1 2元系合金の超急冷組織と相安定性 / p67 (0039.jp2)
  16. 3.1.緒言 / p69 (0040.jp2)
  17. 3.2.実験方法 / p70 (0041.jp2)
  18. 3.3.ハンマーアンビル型液体超急冷試験 / p72 (0042.jp2)
  19. 3.4.観察結果 / p77 (0044.jp2)
  20. 3.5.考察 / p83 (0047.jp2)
  21. 3.6.小括 / p89 (0050.jp2)
  22. 第4章 γ単相領域内の TiA1 系合金の機械的性質 / p91 (0051.jp2)
  23. 4.1.緒言 / p93 (0052.jp2)
  24. 4.2.実験方法 / p97 (0054.jp2)
  25. 4.3.Ti-A1-X(X;Si,Ni,Cr)3元系中のγ相領域 / p100 (0056.jp2)
  26. 4.4.TiA1 2元合金およびTiA1+Cr3元合金の機械的性質 / p112 (0062.jp2)
  27. 4.5.(Ti,Nb)A1 3元合金の機械的性質 / p139 (0075.jp2)
  28. 4.6.小括 / p160 (0086.jp2)
  29. 第5章 2元および3元 TiA1 合金の酸化特性と耐酸化表面処理の効果 / p163 (0087.jp2)
  30. 5.1.緒言 / p165 (0088.jp2)
  31. 5.2.TiA1合金の酸化特性 / p168 (0090.jp2)
  32. 5.3.耐酸化表面処理 / p205 (0108.jp2)
  33. 5.4.小括 / p224 (0118.jp2)
  34. 第6章 結論 / p225 (0118.jp2)
  35. References / p231 (0121.jp2)
  36. Appendix / p251 (0131.jp2)
  37. 謝辞 / (0157.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088426
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088645
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252740
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ