脆性材料の破壊源と非破壊検査に関する確率・統計論的解析

この論文をさがす

著者

    • 北上, 浩一 キタカミ, コウイチ

書誌事項

タイトル

脆性材料の破壊源と非破壊検査に関する確率・統計論的解析

著者名

北上, 浩一

著者別名

キタカミ, コウイチ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2214号

学位授与年月日

1991-05-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 Weibullの一軸分布関数と多軸分布関数 / p2 (0009.jp2)
  6. 1.3 Weibull分布の多重モード化 / p4 (0011.jp2)
  7. 1.4 破壊位置の確率論(Oh-Finnie理論) / p5 (0012.jp2)
  8. 1.5 本論文の目的 / p8 (0015.jp2)
  9. 第2章 競合リスク理論に基づく破壊位置の確率論(一軸分布関数) / p15 (0022.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p15 (0022.jp2)
  11. 2.2 競合リスク理論に基づく破壊応力および破壊位置に関する結合確率密度関数の定式化 / p15 (0022.jp2)
  12. 2.3 周辺分布 / p18 (0025.jp2)
  13. 2.4 多段最尤法 / p20 (0027.jp2)
  14. 2.5 修正 Herd法(Kaplan-Meier法) / p25 (0032.jp2)
  15. 2.3 結言 / p30 (0037.jp2)
  16. 第3章 三点曲げに関する解析 / p33 (0040.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p33 (0040.jp2)
  18. 3.2 破壊応力と破壊位置とに関する結合確率密度関数(内部欠陥、表面欠陥およびエッジ欠陥を同時に考慮した場合) / p33 (0040.jp2)
  19. 3.3 アルミナの三点曲げ実験およびその解析 / p36 (0043.jp2)
  20. 3.4 窒化ケイ素三点曲げ試験データの解析 / p51 (0058.jp2)
  21. 3.5 結言 / p75 (0082.jp2)
  22. 第4章 破壊源における欠陥の寸法分布の解析(内部欠陥) / p79 (0086.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p79 (0086.jp2)
  24. 4.2 破壊源欠陥寸法分布の応力勾配依存性(三点曲げと一軸均等引張りの比較) / p79 (0086.jp2)
  25. 4.3 破壊源欠陥寸法分布の形状母数値依存性 / p85 (0092.jp2)
  26. 4.4 破壊源欠陥寸法分布の物体体積依存性 / p87 (0094.jp2)
  27. 4.5 破壊靭性値の粒径依存性を考慮した場合の破壊源欠陥寸法分布 / p87 (0094.jp2)
  28. 4.6 破壊源欠陥寸法データを用いたワイブル分布の形状母数と尺度母数の新推定法 / p90 (0097.jp2)
  29. 4.7 結言 / p94 (0101.jp2)
  30. 第5章 多軸分布関数を考慮した競合リスク理論に基づく破壊位置の確率論 / p97 (0104.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p97 (0104.jp2)
  32. 5.2 多軸分布関数と競合リスク理論に基づく破壊応力、破壊位置および破壊源欠陥方向とに関する結合確率密度関数の定式化 / p97 (0104.jp2)
  33. 5.3 破壊応力、破壊位置および破壊源欠陥方向とに関する結合確率密度関数(内部欠陥のみを考慮した場合) / p100 (0107.jp2)
  34. 5.4 破壊位置の分布 / p104 (0111.jp2)
  35. 5.5 破壊源における欠陥寸法分布 / p105 (0112.jp2)
  36. 5.6 破壊源における欠陥方向分布 / p107 (0114.jp2)
  37. 5.7 定累積破壊確率曲線 / p109 (0116.jp2)
  38. 5.8 破壊位置と破壊源欠陥方向とに関する結合確率密度関数 / p112 (0119.jp2)
  39. 5.9 結言 / p112 (0119.jp2)
  40. 第6章 非破壊検査理論 / p116 (0123.jp2)
  41. 6.1 緒言 / p116 (0123.jp2)
  42. 6.2 スクリーニング後の破壊源欠陥寸法分布(内部欠陥) / p117 (0124.jp2)
  43. 6.3 現行非破壊検査法への提言 / p122 (0129.jp2)
  44. 6.4 実効非破壊検査法の提案 / p127 (0134.jp2)
  45. 6.5 非破壊検査へのスクリーニング・ダイヤグラムの提案 / p128 (0135.jp2)
  46. 6.6 窒化ケイ素のスクリーニング解析 / p135 (0142.jp2)
  47. 6.7 結言 / p144 (0151.jp2)
  48. 第7章 セラミック部材設計への応用 / p148 (0155.jp2)
  49. 第8章 結論 / p156 (0163.jp2)
  50. 謝辞 / p160 (0167.jp2)
  51. 本研究論文に直接関連する発表論文と関連する章 / p161 (0168.jp2)
  52. 本研究論文に関連する発表論文と関連する章 / p162 (0169.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088463
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088682
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252777
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ