ミュータンス連鎖球菌の多糖合成酵素および合成された糖に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 島村, 熱成 シマムラ, アツナリ

書誌事項

タイトル

ミュータンス連鎖球菌の多糖合成酵素および合成された糖に関する研究

著者名

島村, 熱成

著者別名

シマムラ, アツナリ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

乙第2227号

学位授与年月日

1991-06-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 本論 / p7 (0014.jp2)
  5. 第一章 S.sobrinusグルカン合成酵素の水不溶性グルカン合成に及ぼす塩の影響 / p7 (0014.jp2)
  6. 第一節 緒言 / p7 (0014.jp2)
  7. 第二節 実験方法 / p8 (0015.jp2)
  8. (1)使用菌株及び培養条件 / p8 (0015.jp2)
  9. (2)酵素標品の調製 / p8 (0015.jp2)
  10. (3)活性測定 / p8 (0015.jp2)
  11. (4)その他の分析 / p10 (0017.jp2)
  12. 第三節 実験結果 / p10 (0017.jp2)
  13. (1)不溶性グルカン合成への塩濃度の影響 / p10 (0017.jp2)
  14. (2)他の酵素活性への塩濃度の影響 / p13 (0020.jp2)
  15. (3)反応中における塩の添加効果 / p15 (0022.jp2)
  16. (4)デキストランのプライマー効果 / p15 (0022.jp2)
  17. 第四節 考察 / p18 (0025.jp2)
  18. 第二章 S.sobrinusの菌体外,可溶性グルカン合成酵素(GTF-S1)の精製と性質 / p21 (0028.jp2)
  19. 第一節 緒言 / p21 (0028.jp2)
  20. 第二節 実験方法 / p22 (0029.jp2)
  21. (1)試薬 / p22 (0029.jp2)
  22. (2)活性測定 / p22 (0029.jp2)
  23. (3)培養条件 / p22 (0029.jp2)
  24. (4)酵素精製 / p22 (0029.jp2)
  25. (5)電気泳動分析 / p23 (0030.jp2)
  26. (6)酵素標品の分析 / p24 (0031.jp2)
  27. (7)酵素活性の至適pH及びKm値 / p25 (0032.jp2)
  28. (8)水可溶性グルカンの結合分析 / p25 (0032.jp2)
  29. 第三節 実験結果 / p26 (0033.jp2)
  30. (1)GTF-S1の精製 / p26 (0033.jp2)
  31. (2)精製GTF-S1の均一性 / p32 (0039.jp2)
  32. (3)アミノ酸分析 / p32 (0039.jp2)
  33. (4)物理的,速度論的性質 / p32 (0039.jp2)
  34. (5)グルカンの結合分析 / p32 (0039.jp2)
  35. 第四節 考察 / p36 (0043.jp2)
  36. 第三章 S.sobrinusの産生する3種類の菌体外グルカン合成酵素 / p39 (0046.jp2)
  37. 第一節 緒言 / p39 (0046.jp2)
  38. 第二節 実験方法 / p40 (0047.jp2)
  39. (1)使用菌株及び培養条件 / p40 (0047.jp2)
  40. (2)分析用IEF / p40 (0047.jp2)
  41. (3)グルカン合成酵素の性状 / p40 (0047.jp2)
  42. (4)グルカンの結合分析 / p41 (0048.jp2)
  43. (5)二重免疫拡散 / p41 (0048.jp2)
  44. 第三節 実験結果 / p41 (0048.jp2)
  45. (1)ツイン80による酵素産生量の増加 / p41 (0048.jp2)
  46. (2)IEFゲル上に分離したグルカン合成酵素の特性 / p43 (0050.jp2)
  47. (3)グルカンの結合分析 / p43 (0050.jp2)
  48. (4)二重免疫拡散 / p43 (0050.jp2)
  49. 第四節 考察 / p47 (0054.jp2)
  50. 第四章 mutans streptococci(血清型b,c,e,f)菌株の合成するD-フルクタンの¹³C NMRによる構造決定 / p49 (0056.jp2)
  51. 第一節 緒言 / p49 (0056.jp2)
  52. 第二節 実験方法 / p49 (0056.jp2)
  53. (1)使用菌株及び培養条件 / p49 (0056.jp2)
  54. (2)フルクタン合成酵素の精製 / p50 (0057.jp2)
  55. (3)多糖の合成 / p50 (0057.jp2)
  56. (4)¹³C NMRスペクトル測定 / p51 (0058.jp2)
  57. 第三節 実験結果 / p51 (0058.jp2)
  58. (1)S.mutans LM7(血清型e)の精製酵素が合成したフルクタンの構造 / p51 (0058.jp2)
  59. (2)S.rattus BHT(b)及びS.mutans Ingbritt(c),0MZ175(f)の部分精製酵素が合成したフルクタンの構造 / p55 (0062.jp2)
  60. 第四節 考察 / p55 (0062.jp2)
  61. 第五章 S.mutans gtfA遺伝子の生成物はスクロースホスホリラーゼ / p57 (0064.jp2)
  62. 第一節 緒言 / p57 (0064.jp2)
  63. 第二節 実験方法 / p58 (0065.jp2)
  64. (1)GTF-Aによるスクロースからの糖合成 / p58 (0065.jp2)
  65. (2)糖の分析 / p58 (0065.jp2)
  66. (3)酵素作用の薄層クロマトグラフィーによる追跡 / p59 (0066.jp2)
  67. 第三節 実験結果 / p59 (0066.jp2)
  68. (1)組み替えE.coli RX4が発現したGTF-Aの生成物の分析 / p59 (0066.jp2)
  69. (2)GTF-AのG-1-Pへの作用 / p59 (0066.jp2)
  70. 第四節 考察 / p63 (0070.jp2)
  71. 第六章 S.sobrinusグルカン合成酵素が合成したグルカン中の3-Glc及び3,6-Glcの¹³C NMR分光法による定量 / p65 (0072.jp2)
  72. 第一節 緒言 / p65 (0072.jp2)
  73. 第二節 実験方法 / p66 (0073.jp2)
  74. (1)グルカン合成酵素の精製 / p66 (0073.jp2)
  75. (2)グルカンの合成 / p67 (0074.jp2)
  76. (3)多糖の還元 / p67 (0074.jp2)
  77. (4)¹³C NMRスペクトル測定 / p67 (0074.jp2)
  78. (5)メチル化分析 / p68 (0075.jp2)
  79. 第三節 実験結果 / p68 (0075.jp2)
  80. (1)グルカン合成酵素の精製 / p68 (0075.jp2)
  81. (2)グルカンの合成と還元 / p68 (0075.jp2)
  82. (3)Glc残基の¹³Cシグナルの結合位置による相違 / p68 (0075.jp2)
  83. (4)SG1中のω-Glc,6-Glc,3,6-Glcの定量 / p70 (0077.jp2)
  84. (5)SG2中のω-Glc,3-Glc,6-Glc,3,6-Glcの定量 / p74 (0081.jp2)
  85. 第四節 考察 / p76 (0083.jp2)
  86. 第七章 単一薄層ゲル上での1次元SDS-PAGE,2次元IEFによる2次元電気泳動及び酵素活性染色法の開発 / p78 (0085.jp2)
  87. 第一節 緒言 / p78 (0085.jp2)
  88. 第二節 実験方法 / p79 (0086.jp2)
  89. (1)試薬及び酵素標品 / p79 (0086.jp2)
  90. (2)薄層ゲルの調製 / p79 (0086.jp2)
  91. (3)SDS-PAGEによる1次元目の泳動 / p79 (0086.jp2)
  92. (4)IEFによる2次元目の泳動 / p81 (0088.jp2)
  93. (5)タンパク質,糖タンパク質,多糖合成酵素活性の染色 / p81 (0088.jp2)
  94. 第三節 実験結果 / p82 (0089.jp2)
  95. (1)薄層ゲルによる1次元SDS-PAGE / p82 (0089.jp2)
  96. (2)薄層ゲルによる1次元IEF / p82 (0089.jp2)
  97. (3)1次元SDS-PAGE,2次元IEFの2-DE / p85 (0092.jp2)
  98. 第四節 考察 / p85 (0092.jp2)
  99. 総括 / p90 (0097.jp2)
  100. 引用文献 / p95 (0102.jp2)
  101. 主論文 / p101 (0108.jp2)
  102. 参考論文 / p101 (0108.jp2)
  103. 謝辞 / p103 (0110.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088476
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088695
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252790
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ