高分子の混練加工における流動特性と加工機のスケール因子

この論文をさがす

著者

    • 河西, 和雄 カワニシ, カズオ

書誌事項

タイトル

高分子の混練加工における流動特性と加工機のスケール因子

著者名

河西, 和雄

著者別名

カワニシ, カズオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2250号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1章-1節 緒言 / p1 (0009.jp2)
  5. 1章-2節 研究の背景 / p3 (0011.jp2)
  6. 1章-3節 本研究の目的と概要 / p4 (0012.jp2)
  7. 第2章 混練効果の評価方法 / p8 (0016.jp2)
  8. 2章-1節 緒言 / p8 (0016.jp2)
  9. 2章-2節 未加硫ゴム中のゴムと充填材との間の相互作用 / p9 (0017.jp2)
  10. 2-2-1 まえがき / p9 (0017.jp2)
  11. 2-2-2 実験方法 / p11 (0019.jp2)
  12. 2-2-3 結果と考察 / p13 (0021.jp2)
  13. 2-2-4 まとめ / p21 (0029.jp2)
  14. 2章-3節 総括 / p21 (0029.jp2)
  15. 第3章 内部可視化混練機による混練過程の直接観察 / p24 (0032.jp2)
  16. 3章-1節 緒言 / p24 (0032.jp2)
  17. 3章-2節 ゴムの混練挙動の観察 / p24 (0032.jp2)
  18. 3-2-1 まえがき / p24 (0032.jp2)
  19. 3-2-2 実験方法 / p25 (0033.jp2)
  20. 3-2-3 結果と考察 / p29 (0037.jp2)
  21. 3-2-4 まとめ / p44 (0052.jp2)
  22. 3章-3節 総括 / p44 (0052.jp2)
  23. 第4章 回転翼形状と混練効果 / p46 (0054.jp2)
  24. 4章-1節 緒言 / p46 (0054.jp2)
  25. 4章-2節 有限要素法による理論的予測 / p46 (0054.jp2)
  26. 4-2-1 まえがき / p46 (0054.jp2)
  27. 4-2-2 モデル / p47 (0055.jp2)
  28. 4-2-3 変分方程式 / p48 (0056.jp2)
  29. 4-2-4 有限要素分割 / p51 (0059.jp2)
  30. 4-2-5 有限要素法行列 / p60 (0068.jp2)
  31. 4-2-6 解析プログラム / p63 (0071.jp2)
  32. 4-2-7 べき法則流体への応用 / p68 (0076.jp2)
  33. 4-2-8 結果と考察 / p72 (0080.jp2)
  34. 4-2-9 混練効率に関する考察 / p90 (0098.jp2)
  35. 4-2-10 まとめ / p103 (0111.jp2)
  36. 4章-3節 混練挙動に及ぼす回転翼形状の効果の実験的検証 / p104 (0112.jp2)
  37. 4-3-1 まえがき / p104 (0112.jp2)
  38. 4-3-2 実験方法 / p105 (0113.jp2)
  39. 4-3-3 結果と考察 / p107 (0115.jp2)
  40. 4-3-4 まとめ / p115 (0123.jp2)
  41. 4章-4節 総括 / p115 (0123.jp2)
  42. 第5章 バンバリー型2翼式混練機のスケール因子 / p117 (0125.jp2)
  43. 5章-1節 緒言 / p117 (0125.jp2)
  44. 5章-2節 大型混練機の混練効果の小型混練機による再現 / p118 (0126.jp2)
  45. 5-2-1 まえがき / p118 (0126.jp2)
  46. 5-2-2 実験方法 / p118 (0126.jp2)
  47. 5-2-3 結果と考察 / p124 (0132.jp2)
  48. 5-2-4 まとめ / p143 (0151.jp2)
  49. 5章-3節 総括 / p144 (0152.jp2)
  50. 第6章 研究成果の利用と今後の課題 / p146 (0154.jp2)
  51. 6章-1節 緒言 / p146 (0154.jp2)
  52. 6章-2節 混練効果の比較 / p147 (0155.jp2)
  53. 6-2-1 まえがき / p147 (0155.jp2)
  54. 6-2-2 実験方法 / p149 (0157.jp2)
  55. 6-2-3 結果と考察 / p151 (0159.jp2)
  56. 6-2-4 まとめ / p158 (0166.jp2)
  57. 6章-3節 混練効率 / p159 (0167.jp2)
  58. 6-3-1 まえがき / p159 (0167.jp2)
  59. 6-3-2 予備検討の結果と混練効率の指標化 / p159 (0167.jp2)
  60. 6-3-3 結果と考察 / p162 (0170.jp2)
  61. 6-3-4 まとめ / p165 (0173.jp2)
  62. 6章-4節 総括 / p165 (0173.jp2)
  63. 第7章 結論 / p167 (0175.jp2)
  64. 謝辞 / p170 (0178.jp2)
  65. LIST OF PUBLICATIONS / p171 (0179.jp2)
  66. ABSTRACT / p173 (0181.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088499
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088718
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252813
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ