変態誘起塑性を利用した超延性高強度薄鋼板の開発

この論文をさがす

著者

    • 松村, 理 マツムラ, オサム

書誌事項

タイトル

変態誘起塑性を利用した超延性高強度薄鋼板の開発

著者名

松村, 理

著者別名

マツムラ, オサム

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2296号

学位授与年月日

1991-12-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. §1・1 超延性高強度薄鋼板の社会的要請 / p1 (0006.jp2)
  5. §1・2 鋼中残留オーステナイトに関する従来の知見 / p4 (0008.jp2)
  6. §1・3 連続焼鈍法 / p21 (0016.jp2)
  7. §1・4 本研究の目的と範囲 / p23 (0017.jp2)
  8. 参考文献 / p26 (0019.jp2)
  9. 第2章 鋼中残留オーステナイトの加工誘起変態とTRIP効果 / p29 (0020.jp2)
  10. §2・1 緒言 / p29 (0020.jp2)
  11. §2・2 実験方法 / p30 (0021.jp2)
  12. §2・3 実験結果 / p31 (0021.jp2)
  13. §2・4 考察 / p33 (0022.jp2)
  14. §2・5 小括 / p48 (0030.jp2)
  15. 参考文献 / p50 (0031.jp2)
  16. 第3章 α+γ二相共存域で均熱後オーステンパー処理した鋼の残留オーステナイト / p51 (0031.jp2)
  17. §3・1 緒言 / p51 (0031.jp2)
  18. §3・2 実験方法 / p52 (0032.jp2)
  19. §3・3 実験結果 / p53 (0032.jp2)
  20. §3・4 考察 / p60 (0036.jp2)
  21. §3・5 小括 / p65 (0038.jp2)
  22. 参考文献 / p67 (0039.jp2)
  23. 第4章 工程条件および化学成分と機械的性質との関係 / p68 (0040.jp2)
  24. §4・1 緒言 / p68 (0040.jp2)
  25. §4・2 恒温保持条件と機械的性質との関係およびそれにおよぼす化学成分の影響 / p69 (0040.jp2)
  26. §4・3 二相域均熱条件および二相域内徐冷条件と機械的性質 / p89 (0050.jp2)
  27. §4・4 急冷条件とMn量との関係および得られる機械的性質 / p106 (0059.jp2)
  28. §4・5 熱延条件その他連続焼鈍前の諸条件と機械的性質 / p112 (0062.jp2)
  29. §4・6 小括 / p131 (0071.jp2)
  30. 参考文献 / p133 (0072.jp2)
  31. 第5章 プレス成形特性におよぼす残留オーステナイトの影響 / p135 (0073.jp2)
  32. §5・1 緒言 / p135 (0073.jp2)
  33. §5・2 実験方法 / p135 (0073.jp2)
  34. §5・3 実験結果 / p139 (0075.jp2)
  35. §5・4 残留オーステナイトの量およびその加工に対する安定性とプレス成形特性との関係 / p141 (0076.jp2)
  36. §5・5 いくつかのプレス成形例 / p148 (0080.jp2)
  37. §5・6 小括 / p156 (0084.jp2)
  38. 参考文献 / p157 (0084.jp2)
  39. 第6章 実機通板条件の提示および実機試作例 / p158 (0085.jp2)
  40. §6・1 緒言 / p158 (0085.jp2)
  41. §6・2 実機通板制約下における通板条件の変動と機械的性質 / p159 (0085.jp2)
  42. §6・3 TS=100Okgf/mm²級鋼の実機試作例 / p169 (0090.jp2)
  43. §6・4 小括 / p178 (0095.jp2)
  44. 参考文献 / p178 (0095.jp2)
  45. 第7章 総括 / p179 (0095.jp2)
  46. Appendix 着色腐食による組織観察法 / p184 (0098.jp2)
  47. A・1 緒言 / p184 (0098.jp2)
  48. A・2 着色腐食方法および従来の組織観察法との比較 / p186 (0099.jp2)
  49. A・3 着色組織と膜厚 / p188 (0100.jp2)
  50. A・4 画像解析への適用 / p192 (0102.jp2)
  51. A・5 小括 / p194 (0103.jp2)
  52. 参考文献 / p194 (0103.jp2)
  53. 謝辞 / p195 (0103.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088545
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088764
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252859
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ