油井用鋼管の耐硫化物応力腐食割れ性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 東山, 博吉 ヒガシヤマ, ヒロキチ

書誌事項

タイトル

油井用鋼管の耐硫化物応力腐食割れ性に関する研究

著者名

東山, 博吉

著者別名

ヒガシヤマ, ヒロキチ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2301号

学位授与年月日

1992-01-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 油井用鋼管の耐硫化物応力腐食割れ性に関する従来の研究 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的と構成 / p10 (0010.jp2)
  7. 第2章 硫化物応力腐食割れ現象の解析 / p15 (0012.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p15 (0012.jp2)
  9. 2.2 実験方法 / p16 (0013.jp2)
  10. 2.3 短時間加熱の焼入れ焼戻しを施した降伏強度700MPa級鋼の耐硫化物応力腐食割れ性の評価とその支配要因の推定 / p20 (0015.jp2)
  11. 2.4 考察 / p41 (0025.jp2)
  12. 2.5 小括 / p47 (0028.jp2)
  13. 補遺A 硫化物応力腐食割れ試験法 / p48 (0029.jp2)
  14. 第3章 耐硫化物応力腐食割れ性に及ぼす短時間加熱焼戻しの影響 / p61 (0035.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p61 (0035.jp2)
  16. 3.2 実験方法 / p63 (0036.jp2)
  17. 3.3 耐硫化物応力腐食割れ性の焼戻し温度依存性 / p67 (0038.jp2)
  18. 3.4 硫化物応力腐食割れ破壊形態に及ぼす焼戻し温度の影響 / p72 (0041.jp2)
  19. 3.5 含Mo鋼の焼戻しに伴う組織変化 / p75 (0042.jp2)
  20. 3.6 粒界P偏析に及ぼすMo添加と焼戻し条件の影響 / p80 (0045.jp2)
  21. 3.7 考察 / p84 (0047.jp2)
  22. 3.8 小括 / p94 (0052.jp2)
  23. 第4章 旧オーステナイト粒界割れに及ぼすPとMoおよびPとMn量の影響 / p96 (0053.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p96 (0053.jp2)
  25. 4.2 実験方法 / p98 (0054.jp2)
  26. 4.3 旧オーステナイト粒界割れに及ぼすPとMoの影響 / p100 (0055.jp2)
  27. 4.4 旧オーステナイト粒界割れに及ぼすPとMnの影響 / p106 (0058.jp2)
  28. 4.5 硫化物応力腐食割れの破面形態と限界応力 / p112 (0061.jp2)
  29. 4.6 考察 / p116 (0063.jp2)
  30. 4.7 小括 / p124 (0067.jp2)
  31. 第5章 硫化物応力腐食割れ発生に及ぼすTiN析出物の影響 / p126 (0068.jp2)
  32. 5.1 緒言 / p126 (0068.jp2)
  33. 5.2 実験方法 / p128 (0069.jp2)
  34. 5.3 TiNの析出状態 / p130 (0070.jp2)
  35. 5.4 硫化物応力腐食割れ試験結果 / p132 (0071.jp2)
  36. 5.5 硫化物応力腐食割れ試験片断面内の割れとTiN析出物との関係 / p136 (0073.jp2)
  37. 5.6 考察 / p140 (0075.jp2)
  38. 5.7 小括 / p141 (0075.jp2)
  39. 第6章 耐硫化物応力腐食割れ性に及ぼすその他の合金元素の影響 / p142 (0076.jp2)
  40. 6.1 緒言 / p142 (0076.jp2)
  41. 6.2 実験方法 / p143 (0076.jp2)
  42. 6.3 炭素の影響 / p145 (0077.jp2)
  43. 6.4 Siの影響 / p146 (0078.jp2)
  44. 6.5 Crの影響 / p149 (0079.jp2)
  45. 6.6 Nbの影響 / p150 (0080.jp2)
  46. 6.7 ボロンの影響 / p152 (0081.jp2)
  47. 6.8 考察 / p155 (0082.jp2)
  48. 6.9 小括 / p159 (0084.jp2)
  49. 第7章 短時間加熱焼入れ焼戻しによる耐サワー油井用鋼管の製造 / p161 (0085.jp2)
  50. 7.1 緒言 / p161 (0085.jp2)
  51. 7.2 短時間加熱焼入れ焼戻しによる降伏強度700 MPa級耐サワー油井用鋼管の製造指針 / p164 (0087.jp2)
  52. 7.3 降伏強度700MPa級油井用鋼管の実機製造結果 / p170 (0090.jp2)
  53. 7.4 小括 / p185 (0097.jp2)
  54. 第8章 総括 / p187 (0098.jp2)
  55. 謝辞 / p190 (0100.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088550
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088769
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252864
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ