ラマン分光法によるトリチウム計量技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宇田, 達彦 ウダ, タツヒコ

書誌事項

タイトル

ラマン分光法によるトリチウム計量技術に関する研究

著者名

宇田, 達彦

著者別名

ウダ, タツヒコ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2317号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 要旨 / p1 (0007.jp2)
  4. 1 序論 / p5 (0010.jp2)
  5. 1.1 トリチウムガス計測技術の現状 / p5 (0010.jp2)
  6. 1.2 ラマン分光法の特徴と意義 / p12 (0014.jp2)
  7. 1.3 本研究の目的 / p16 (0016.jp2)
  8. 2 水素同位体ガスの分析定量法 / p18 (0018.jp2)
  9. 2.1 目的 / p18 (0018.jp2)
  10. 2.2 水素、重水素ガスのラマン分光実験 / p18 (0018.jp2)
  11. 2.3 トリチウムを含む水素同位体ガスのラマン分光実験 / p41 (0030.jp2)
  12. 2.4 ラマン散乱強度の温度依存性の検討 / p62 (0040.jp2)
  13. 2.5 結果のまとめ / p75 (0047.jp2)
  14. 3 水素同位体置換メタンガスの分析定量法 / p76 (0048.jp2)
  15. 3.1 目的 / p76 (0048.jp2)
  16. 3.2 重水素置換メタンガスのラマン分光分析 / p77 (0049.jp2)
  17. 3.3 トリチウム置換メタンガスのラマン分光分析 / p107 (0064.jp2)
  18. 3.4 種々の不純物ガスのラマン分光分析 / p120 (0070.jp2)
  19. 3.5 結果のまとめ / p145 (0083.jp2)
  20. 4 水素同位体交換反応とトリチウム計測 / p146 (0084.jp2)
  21. 4.1 目的 / p146 (0084.jp2)
  22. 4.2 水素同位体交換反応速度式 / p146 (0084.jp2)
  23. 4.3 水素同位体交換反応速度 / p151 (0087.jp2)
  24. 4.4 トリチウムプロセス計測への影響 / p162 (0092.jp2)
  25. 4.5 結果のまとめ / p163 (0093.jp2)
  26. 5 結語 / p164 (0094.jp2)
  27. 6 謝辞 / p168 (0097.jp2)
  28. 7 参考文献 / p169 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088566
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088785
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252880
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ