誘発電位の加算回数を低減する符号化加算法

この論文をさがす

著者

    • 舩田, 眞里子 フナダ, マリコ

書誌事項

タイトル

誘発電位の加算回数を低減する符号化加算法

著者名

舩田, 眞里子

著者別名

フナダ, マリコ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第2321号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p5 (0008.jp2)
  3. はしがき / p1 (0004.jp2)
  4. 目次 / p5 (0008.jp2)
  5. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  6. 1.1 誘発電位 / p2 (0011.jp2)
  7. 1.2 従来の誘発電位測定法とその問題点 / p2 (0011.jp2)
  8. 1.3 研究の目的 / p3 (0012.jp2)
  9. 1.4 本章のまとめ / p5 (0014.jp2)
  10. 第2章 モデルと前処理用フィルタ / p6 (0015.jp2)
  11. 2.1 誘発電位の特徴 / p7 (0016.jp2)
  12. 2.2 前処理用フィルタ / p15 (0024.jp2)
  13. 2.3 モデル / p19 (0028.jp2)
  14. 2.4 本章のまとめ / p28 (0037.jp2)
  15. 第3章 符号化加算法 / p29 (0038.jp2)
  16. 3.1 符号 化加算法 / p30 (0039.jp2)
  17. 3.2 符号化加算法の応用法 / p35 (0044.jp2)
  18. 3.3 本章のまとめ / p39 (0048.jp2)
  19. 第4章 応用例 / p40 (0049.jp2)
  20. 4.1 聴性頭頂部緩反応(SVR)測定への応用 / p41 (0050.jp2)
  21. 4.2 体性感覚誘発電位(SEP)測定への応用 / p57 (0066.jp2)
  22. 4.3 聴性脳幹反応(ABR)測定への応用 / p69 (0078.jp2)
  23. 4.4 本章のまとめ / p88 (0097.jp2)
  24. 第5章 シミュレーションによる検討 / p89 (0098.jp2)
  25. 5.1 前処理フィルタに関するシミュレーション / p90 (0099.jp2)
  26. 5.2 符号化加算法のパラメータ選択に関するシミュレーション / p106 (0115.jp2)
  27. 5.3 符号化加算法の波形再現に関するシミュレーション / p117 (0126.jp2)
  28. 5.4 符号化加算法と加算平均法のシミュレーションによる比較 / p127 (0136.jp2)
  29. 5.5 本章のまとめ / p138 (0147.jp2)
  30. 第6章 考察 / p169 (0178.jp2)
  31. 6.1 モデルの検討 / p170 (0179.jp2)
  32. 6.2 推定波形の信頼性の評価 / p174 (0183.jp2)
  33. 6.3 符号化関数の検出 / p175 (0184.jp2)
  34. 6.4 他の波形変換法と符号化加算法の比較 / p190 (0199.jp2)
  35. 6.5 符号化加算法の評価 / p218 (0227.jp2)
  36. 6.6 本章のまとめ / p228 (0237.jp2)
  37. 第7章 結論 / p229 (0238.jp2)
  38. 7.1 まとめ / p230 (0239.jp2)
  39. 7.2 今後の課題 / p233 (0242.jp2)
  40. 謝辞 / p234 (0243.jp2)
  41. 参考文献 / p235 (0244.jp2)
  42. 本論文に関係した発表論文等 / p238 (0247.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088570
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000985988
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252884
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ