ポリエステル強ねん糸織物の製造に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山本, 孝 ヤマモト, タカシ

書誌事項

タイトル

ポリエステル強ねん糸織物の製造に関する研究

著者名

山本, 孝

著者別名

ヤマモト, タカシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第3330号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.3 論文の目的と構成 / p7 (0013.jp2)
  7. 1.4 論文で採用する単位系と用語 / p9 (0015.jp2)
  8. 第2章 強ねん糸織物の表面形態とその形成機構 / p11 (0017.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p11 (0017.jp2)
  10. 2.2 試料の調製 / p11 (0017.jp2)
  11. 2.3 しぼの高さと数の測定 / p13 (0019.jp2)
  12. 2.4 よりトルクの測定 / p14 (0020.jp2)
  13. 2.5 強ねん糸織物の構造 / p19 (0025.jp2)
  14. 2.6 しぼの発現機構 / p27 (0033.jp2)
  15. 2.7 しぼ形成トルクと残留トルクとの関係 / p35 (0041.jp2)
  16. 2.8 原糸の結晶化度としぼ形成トルクとの関係 / p39 (0045.jp2)
  17. 2.9 結言 / p41 (0047.jp2)
  18. 第3章 ねん糸工程における張力の解析 / p42 (0048.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p42 (0048.jp2)
  20. 3.2 ねん糸張力の発生機構 / p43 (0049.jp2)
  21. 3.3 ねん糸実験 / p47 (0053.jp2)
  22. 3.4 糸が回転体から離脱する位置 / p49 (0055.jp2)
  23. 3.5 加ねんの際に発生する張力 / p51 (0057.jp2)
  24. 3.6 ボビンの大きさと張力 / p53 (0059.jp2)
  25. 3.7 仮よりスピンドルの最適回転数 / p56 (0062.jp2)
  26. 3.8 理論のダブルツイスタヘの応用 / p56 (0062.jp2)
  27. 3.9 結言 / p63 (0069.jp2)
  28. 第4章 強ねん糸の巻き層に発生する応力 / p65 (0071.jp2)
  29. 4.1 緒言 / p65 (0071.jp2)
  30. 4.2 応力測定用シリンダ / p65 (0071.jp2)
  31. 4.3 強ねん糸の巻き層に発生する応力 / p69 (0075.jp2)
  32. 4.4 結言 / p75 (0081.jp2)
  33. 第5章 巻糸体の熱処理における熱移動と強ねん糸物性 / p80 (0086.jp2)
  34. 5.1 緒言 / p80 (0086.jp2)
  35. 5.2 モデルによる熱移動の理論解析 / p80 (0086.jp2)
  36. 5.3 温度および応力の測定 / p82 (0088.jp2)
  37. 5.4 巻糸体の熱処理における熱移動 / p84 (0090.jp2)
  38. 5.5 熱処理時に生ずる巻糸体の応力 / p89 (0095.jp2)
  39. 5.6 熱移動に伴う強ねん糸物性の変化 / p92 (0098.jp2)
  40. 5.7 結言 / p104 (0110.jp2)
  41. 第6章 強ねん糸の連続熱処理における張力 / p106 (0112.jp2)
  42. 6.1 緒言 / p106 (0112.jp2)
  43. 6.2 連続熱処理装置 / p106 (0112.jp2)
  44. 6.3 ピータ上を走行する強ねん糸に発生する張力 / p108 (0114.jp2)
  45. 6.4 発生する張力の計算 / p108 (0114.jp2)
  46. 6.5 結言 / p114 (0120.jp2)
  47. 第7章 加ねんとよりセットの連続化 / p115 (0121.jp2)
  48. 7.1 緒言 / p115 (0121.jp2)
  49. 7.2 加ねん・よりセット連続化ねん糸機 / p115 (0121.jp2)
  50. 7.3 本装置で加ねんされた糸のより数 / p118 (0124.jp2)
  51. 7.4 機械より数とよりトルク / p122 (0128.jp2)
  52. 7.5 仮よりスピンドル回転数とよりトルク / p124 (0130.jp2)
  53. 7.6 結言 / p129 (0135.jp2)
  54. 第8章 結論 / p130 (0136.jp2)
  55. 参考文献 / p134 (0140.jp2)
  56. 謝辞 / p138 (0144.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088579
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088798
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252893
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ