SFVV3鋼の中・高温度疲労き裂進展下限界特性に及ぼす酸化被膜の影響に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 朴, 卿東 パク, キョントン

書誌事項

タイトル

SFVV3鋼の中・高温度疲労き裂進展下限界特性に及ぼす酸化被膜の影響に関する研究

著者名

朴, 卿東

著者別名

パク, キョントン

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第3335号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 研究の背景 / p2 (0006.jp2)
  4. 1-2 研究の目的 / p3 (0007.jp2)
  5. 文献 / p4 (0008.jp2)
  6. 第2章 中・高温疲労き裂進展特性とき裂開閉口 / p5 (0009.jp2)
  7. 2-1 緒言 / p6 (0010.jp2)
  8. 2-2 供試材および実験方法 / p6 (0010.jp2)
  9. 2-3 実験結果 / p7 (0011.jp2)
  10. 2-4 考察 / p13 (0017.jp2)
  11. 2-5 結言 / p15 (0019.jp2)
  12. 文献 / p16 (0020.jp2)
  13. 第3章 下限界特性に及ぼす酸化被膜の影響 / p37 (0041.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p38 (0042.jp2)
  15. 3-2 下限界特性の温度依存性 / p38 (0042.jp2)
  16. 3-3 下限界特性と酸化被膜 / p39 (0043.jp2)
  17. 3-4 繰返し速度の影響 / p43 (0047.jp2)
  18. 3-5 結言 / p44 (0048.jp2)
  19. 文献 / p45 (0049.jp2)
  20. 第4章 他種鋼との特性比較 / p58 (0062.jp2)
  21. 4-1 緒言 / p59 (0063.jp2)
  22. 4-2 集録データ / p59 (0063.jp2)
  23. 4-3 データ解析結果 / p60 (0064.jp2)
  24. 4-4 下限界特性の予測方法 / p65 (0069.jp2)
  25. 4-5 結言 / p67 (0071.jp2)
  26. 文献 / p68 (0072.jp2)
  27. 第5章 結論 / p90 (0094.jp2)
  28. 謝辞 / p93 (0097.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088584
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088803
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252898
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ