楔形圧延による面内曲げ加工方法の研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 収 ヤマダ, オサム

書誌事項

タイトル

楔形圧延による面内曲げ加工方法の研究

著者名

山田, 収

著者別名

ヤマダ, オサム

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第3343号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 帯板の面内曲げ加工方法とその比較 / p1 (0008.jp2)
  6. 1.3 圧延を併用した曲げ加工方法 / p2 (0009.jp2)
  7. 1.4 本論文の目的と概要 / p3 (0010.jp2)
  8. 〔参考文献〕 / p5 (0012.jp2)
  9. 第2章 楔形圧延による面内曲げ加工の実験と初等理論による解析 / p10 (0018.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p10 (0018.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p10 (0018.jp2)
  12. 2.3 曲げ内半径に及ぼす入口・出口ガイド位置の影響 / p12 (0020.jp2)
  13. 2.4 ロール形状が曲げ加工に及ぼす影響 / p13 (0021.jp2)
  14. 2.5 曲げ内半径を求める近似式 / p17 (0025.jp2)
  15. 2.6 初等解析法を用いた面内曲げ加工の解析 / p19 (0027.jp2)
  16. 2.7 結言 / p26 (0034.jp2)
  17. 〔参考文献〕 / p27 (0035.jp2)
  18. 第3章 後方張力付加による成形精度と成形限界の向上に関する検討 / p45 (0054.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p45 (0054.jp2)
  20. 3.2 実験方法 / p45 (0054.jp2)
  21. 3.3 ひずみ分布に及ぼす後方張力の影響 / p46 (0055.jp2)
  22. 3.4 板厚に関する成形限界に及ぼす後方張力の影響 / p48 (0057.jp2)
  23. 3.5 後方張力付加時のかみ込み力の解析 / p48 (0057.jp2)
  24. 3.6 結言 / p50 (0059.jp2)
  25. 〔参考文献〕 / p51 (0060.jp2)
  26. 第4章 圧延速度変動時における曲げ内径の均一化の検討 / p59 (0069.jp2)
  27. 4.1 緒言 / p59 (0069.jp2)
  28. 4.2 実験方法 / p59 (0069.jp2)
  29. 4.3 潤滑剤と圧延速度の影響 / p60 (0070.jp2)
  30. 4.4 曲げ内径を求める実験式 / p60 (0070.jp2)
  31. 4.5 曲げ内径の均一化 / p61 (0071.jp2)
  32. 4.6 結言 / p63 (0073.jp2)
  33. 〔参考文献〕 / p63 (0073.jp2)
  34. 第5章 多辺同時圧延による形材の曲げ加工 / p71 (0082.jp2)
  35. 5.1 緒言 / p71 (0082.jp2)
  36. 5.2 加工原理と装置の開発 / p71 (0082.jp2)
  37. 5.3 開発した装置を用いた形材の成形実験 / p74 (0085.jp2)
  38. 5.4 電子レンジ用マグネトロンへの応用 / p76 (0087.jp2)
  39. 5.5 ルームエアコン用マウスリングへの応用 / p78 (0089.jp2)
  40. 5.6 結言 / p78 (0089.jp2)
  41. 〔参考文献〕 / p79 (0090.jp2)
  42. 第6章 結論 / p98 (0110.jp2)
  43. 〔謝辞〕 / (0115.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088592
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088811
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252906
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ