インドネシア経済史研究 : 植民地社会の成立と構造

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 謙介, 1949- ミヤモト, ケンスケ

書誌事項

タイトル

インドネシア経済史研究 : 植民地社会の成立と構造

著者名

宮本, 謙介, 1949-

著者別名

ミヤモト, ケンスケ

学位授与大学

一橋大学

取得学位

社会学博士

学位授与番号

乙第98号

学位授与年月日

1992-07-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 序 本論文の課題と構成 / p6 (0007.jp2)
  3. 第一章 諸外国における19世紀ジャワ経済史研究の動向 / p10 (0011.jp2)
  4. はじめに / p11 (0012.jp2)
  5. I.ギアツの「農業のインボリューション」とその批判 / p12 (0013.jp2)
  6. 1.ギアツ理論の要点 / p13 (0014.jp2)
  7. 2.生態的共生論批判 / p15 (0016.jp2)
  8. 3.「貧困の共有」論批判 / p16 (0017.jp2)
  9. II.その他の研究動向 / p24 (0025.jp2)
  10. 1.伝統的=観念的ジャワ社会論批判 / p24 (0025.jp2)
  11. 2.実証研究の前進 / p26 (0027.jp2)
  12. 3.地方史研究の前進 / p26 (0027.jp2)
  13. 4.家産制植民地社会論 / p28 (0029.jp2)
  14. 5.人口成長論的アプローチ / p30 (0031.jp2)
  15. 6.工場労働者の性格をめぐって / p32 (0033.jp2)
  16. むすびにかえて / p33 (0034.jp2)
  17. 第二章 ジャワの植民地化と王侯領農村社会 / p40 (0042.jp2)
  18. はじめに / p41 (0043.jp2)
  19. I.王侯領の領土編成と在地支配(1755-1811年) / p43 (0045.jp2)
  20. 1.領土編成の推移 / p43 (0045.jp2)
  21. 2.在地の支配体制--内領を中心に-- / p46 (0048.jp2)
  22. 3.バグレン(内領)村落に見る土地所有=租税収取関係 / p55 (0057.jp2)
  23. II.王侯領の従属化と徴税請負制(1811-1830年) / p58 (0060.jp2)
  24. 1.イギリスのジャワ支配と王侯領 / p58 (0060.jp2)
  25. 2.中国人の経済活動 / p62 (0064.jp2)
  26. 3.農業生産の停滞 / p63 (0065.jp2)
  27. 4.外国人プランターの導入 / p64 (0066.jp2)
  28. III.王侯領の従属化とオランダ資本(1830-1918年) / p67 (0069.jp2)
  29. 1.領土割譲と行政・司法 / p67 (0069.jp2)
  30. 2.オランダ資本の進出 / p69 (0071.jp2)
  31. 3.村落再編成と新借地条例 / p74 (0076.jp2)
  32. おわりに / p78 (0080.jp2)
  33. 第三章 19世紀中葉ジャワの土地制度 / p90 (0092.jp2)
  34. はじめに / p91 (0093.jp2)
  35. I.首長層の土地所有 / p93 (0095.jp2)
  36. 1.ブパティ(県長)の土地所有 / p94 (0096.jp2)
  37. 2.郡長の土地所有 / p94 (0096.jp2)
  38. 3.村長・村役人の職田所有 / p96 (0098.jp2)
  39. II.農民の土地保有権 / p98 (0100.jp2)
  40. III.耕地の「共同的保有」化 / p101 (0103.jp2)
  41. IV.自由主義政策への転換と土地制度 / p105 (0107.jp2)
  42. (補注 19世紀オランダ経済と植民地経営) / p116 (0118.jp2)
  43. 第四章 植民地支配下の在地首長層 / p119 (0121.jp2)
  44. はじめに / p120 (0122.jp2)
  45. I.強制栽培制度以前の在地首長層 / p121 (0123.jp2)
  46. 1.オランダ東インド会社=「義務供出制」期の在地支配 / p121 (0123.jp2)
  47. 2.「自由主義政策」への転換 / p126 (0128.jp2)
  48. II.強制栽培期の上級在地首長 / p128 (0130.jp2)
  49. 1.ファン・デン・ボスの首長政策 / p128 (0130.jp2)
  50. 2.上級首長の任用 / p129 (0131.jp2)
  51. 3.上級首長の土地制度 / p132 (0134.jp2)
  52. 4.首長層の権益拡大とその規制 / p138 (0140.jp2)
  53. III.強制栽培期の下級首長層 / p141 (0143.jp2)
  54. 1.農村の「非公式」首長(「中間」首長) / p141 (0143.jp2)
  55. 2.村落支配者層 / p144 (0146.jp2)
  56. おわりに / p148 (0150.jp2)
  57. 第五章 強制栽培期の労働力編成 / p155 (0157.jp2)
  58. はじめに / p156 (0158.jp2)
  59. I.強制栽培制度の展開と労働力編成 / p158 (0160.jp2)
  60. 1.工場地区農村の概要 / p160 (0162.jp2)
  61. 2.労働力(賦役)の編成 / p165 (0167.jp2)
  62. 3.在来社会へのインパクト / p171 (0173.jp2)
  63. 4.「賃労働」への移行 / p173 (0175.jp2)
  64. II.農民の身分編成と賦役負担--隷属民を中心に-- / p177 (0179.jp2)
  65. 1.土地保有農民の階層格差 / p177 (0179.jp2)
  66. 2.隷属民の存在形態 / p180 (0182.jp2)
  67. おわりに / p194 (0196.jp2)
  68. 第六章 1880年代ジャワの税役制度と農村諸階層 / p201 (0205.jp2)
  69. はじめに / p202 (0206.jp2)
  70. I.税役の諸形態 / p205 (0209.jp2)
  71. 1.賦役 / p205 (0209.jp2)
  72. 2.賦役代行制 / p212 (0216.jp2)
  73. 3.金納諸税 / p213 (0217.jp2)
  74. II.税役収取関係と農村諸階層 / p217 (0221.jp2)
  75. 1.村長・村役人 / p217 (0221.jp2)
  76. 2.土地保有農民 / p221 (0225.jp2)
  77. 3.隷属民 / p225 (0229.jp2)
  78. おわりに / p227 (0231.jp2)
  79. 第七章 東部スマトラの植民地化と周辺部労働力編成 / p236 (0240.jp2)
  80. はじめに / p237 (0241.jp2)
  81. I.植民地化とプランテーション体制の導入 / p240 (0244.jp2)
  82. II.現地人社会の変容 / p245 (0249.jp2)
  83. 1.社会構造の再編成 / p245 (0249.jp2)
  84. 2.ジャルラン制 / p248 (0252.jp2)
  85. III.プランテーション労働者の存在形態 / p251 (0255.jp2)
  86. 1.クーリー条例 / p251 (0255.jp2)
  87. 2.世紀転換後の労働力政策 / p256 (0260.jp2)
  88. おわりに / p260 (0264.jp2)
  89. 補論1 20世紀初期ジャワの農村社会 / p266 (0270.jp2)
  90. はじめに / p267 (0271.jp2)
  91. I.東部ジャワ,モジョクルト県・クラサアン県 / p268 (0272.jp2)
  92. II.中部ジャワ,プルワルジョ県 / p274 (0278.jp2)
  93. III.中部ジャワ,パティ県 / p280 (0284.jp2)
  94. IV.プランテーション労働者 / p284 (0288.jp2)
  95. おわりに / p288 (0292.jp2)
  96. 補論2 東南部カリマンタンの植民地化と社会経済構造 / p290 (0294.jp2)
  97. まとめにかえて 植民地社会論への視座 / p299 (0303.jp2)
  98. 文献リスト / p306 (0310.jp2)
  99. 学位申請論文・参考論文 / p1 (0332.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088690
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088909
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253004
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ