企業集団の形成、行動および成果分析 : 韓国のケース

この論文をさがす

著者

    • 金, 仁中 キム, インジョン

書誌事項

タイトル

企業集団の形成、行動および成果分析 : 韓国のケース

著者名

金, 仁中

著者別名

キム, インジョン

学位授与大学

神戸大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

甲第1075号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. I.序章 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.研究の意義 / p1 (0004.jp2)
  4. 2.企業集団の定義 / p3 (0005.jp2)
  5. 3.論文の構成 / p4 (0006.jp2)
  6. II.韓・日の企業集団の比較分析 / p7 (0007.jp2)
  7. 1.はじめに / p7 (0007.jp2)
  8. 2.企業集団の国民経済的位置(経済力) / p7 (0007.jp2)
  9. 3.企業集団の形成 / p15 (0011.jp2)
  10. 4.構造(結合)および特徴 / p21 (0014.jp2)
  11. 5.韓・日企業集団の総合比較 / p28 (0018.jp2)
  12. III.企業集団形成の理論 / p36 (0022.jp2)
  13. 1.はじめに / p36 (0022.jp2)
  14. 2.取引費用節約による利潤最大化説 / p38 (0023.jp2)
  15. 3.相互危険分担説(Risk-Sharing) / p45 (0026.jp2)
  16. 4.その他の理論 / p55 (0031.jp2)
  17. 5.まとめ / p61 (0034.jp2)
  18. IV.企業集団の行動・成果分析(1)-企業集団と利潤率- / p75 (0041.jp2)
  19. 1.はじめに / p75 (0041.jp2)
  20. 2.企業集団の範囲及び分類 / p76 (0042.jp2)
  21. 3.モデルの設定 / p78 (0043.jp2)
  22. 4.変数及びデータ / p81 (0044.jp2)
  23. 5.分析結果 / p93 (0050.jp2)
  24. 6.まとめ / p117 (0062.jp2)
  25. V.企業集団の行動・成果分析(2) / p129 (0068.jp2)
  26. 1.成長率最大化 / p129 (0068.jp2)
  27. 2.成果(業績)の安定生 / p136 (0072.jp2)
  28. 3.X-非効率性 / p138 (0073.jp2)
  29. 4.R&D投資活動 / p141 (0074.jp2)
  30. 5.多角化活動 / p142 (0075.jp2)
  31. 6.従業員報酬 / p143 (0075.jp2)
  32. 7.資金政策 / p144 (0076.jp2)
  33. 8.その他の成果分析 / p150 (0079.jp2)
  34. 9.まとめ / p153 (0080.jp2)
  35. *補論:成長率最大化仮説 / p160 (0084.jp2)
  36. 1.はじめに / p160 (0084.jp2)
  37. 2.成長率・評価率関数 / p160 (0084.jp2)
  38. 3.広告・R&D投資活動と企業の成長 / p163 (0085.jp2)
  39. 4.マリス・モデルから見た企業集団の行動 / p166 (0087.jp2)
  40. VI. 終章-全体のまとめと結論- / p170 (0089.jp2)
  41. *附表 / p175 (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088755
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088974
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253069
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ