ロックボルトにより補強された不連続性岩盤の力学的挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 永井, 哲夫 ナガイ, テツオ

書誌事項

タイトル

ロックボルトにより補強された不連続性岩盤の力学的挙動に関する研究

著者名

永井, 哲夫

著者別名

ナガイ, テツオ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第1081号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 従来の研究の現状と問題点 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の目的と内容 / p31 (0020.jp2)
  6. 参考文献 / p33 (0021.jp2)
  7. 第2章 ボルトにより補強された不連続性岩盤のモデル化 / p47 (0028.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p47 (0028.jp2)
  9. 2.2 不連続性岩盤のモデル化 / p48 (0029.jp2)
  10. 2.3 ボルト支保工におけるボルトとプレートの役割 / p57 (0033.jp2)
  11. 2.4 ボルトを含む不連続性岩盤のモデル化 / p66 (0038.jp2)
  12. 2.5 結言 / p68 (0039.jp2)
  13. 参考文献 / p68 (0039.jp2)
  14. 第3章 不連続性岩盤の構成式 / p75 (0042.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p75 (0042.jp2)
  16. 3.2 不連続性岩盤のモデル化とその応力ーひずみ関係の誘導 / p76 (0043.jp2)
  17. 3.3 応力ーひずみ関係の妥当性 / p82 (0046.jp2)
  18. 3.4 構成式の提案 / p94 (0052.jp2)
  19. 3.5 結言 / p100 (0055.jp2)
  20. 参考文献 / p100 (0055.jp2)
  21. 第4章 ボルトにより補強された不連続性岩盤の構成式 / p103 (0056.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p103 (0056.jp2)
  23. 4.2 不連続性岩盤におけるボルトの役割 / p104 (0057.jp2)
  24. 4.3 ボルトによる不連続面補強効果の評価方法 / p111 (0060.jp2)
  25. 4.4 応力ーひずみ関係の誘導 / p126 (0068.jp2)
  26. 4.5 構成式の提案 / p130 (0070.jp2)
  27. 4.6 結言 / p134 (0072.jp2)
  28. 参考文献 / p135 (0072.jp2)
  29. 第5章 ダイレイタンシーを考慮した補強不連続性岩盤の構成式 / p138 (0074.jp2)
  30. 5.1 緒言 / p138 (0074.jp2)
  31. 5.2 不連続性岩盤の応力ーひずみ関係の誘導 / p139 (0074.jp2)
  32. 5.3 ボルトにより補強された不連続性岩盤の応力ーひずみ関係の誘導 / p148 (0079.jp2)
  33. 5.4 構成式の提案 / p155 (0082.jp2)
  34. 5.5 結言 / p157 (0083.jp2)
  35. 参考文献 / p158 (0084.jp2)
  36. 第6章 結論 / p161 (0085.jp2)
  37. 参考文献 / p164 (0087.jp2)
  38. 謝辞 / p167 (0088.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088761
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000088980
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253075
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ