通信ソフトウエアの非手続き的記述手法と解析手法の研究

この論文をさがす

著者

    • 平川, 豊 ヒラカワ, ユタカ

書誌事項

タイトル

通信ソフトウエアの非手続き的記述手法と解析手法の研究

著者名

平川, 豊

著者別名

ヒラカワ, ユタカ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

乙第1582号

学位授与年月日

1991-10-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目 次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1. 1 研究の目的 / p1 (0004.jp2)
  4. 1. 2 アプローチと研究の背景 / p3 (0005.jp2)
  5. 1 .3 研究の概要 / p8 (0008.jp2)
  6. 第2章 非手続き形通信サービス記述手法 / p11 (0009.jp2)
  7. 2. 1 まえがき / p11 (0009.jp2)
  8. 2. 2 サービス記述の考え方 / p11 (0009.jp2)
  9. 2. 3 付加サービス記述の困難性 / p12 (0010.jp2)
  10. 2. 4 サービス記述手法 / p14 (0011.jp2)
  11. 2. 5 サービス記述例 / p17 (0012.jp2)
  12. 2. 6 評価 / p21 (0014.jp2)
  13. 2. 7 むすび / p24 (0016.jp2)
  14. 第3章 非手続き形通信ソフトウェア記述言語 / p26 (0017.jp2)
  15. 3. 1 まえがき / p26 (0017.jp2)
  16. 3. 2 非手続き形言語MBL / p26 (0017.jp2)
  17. 3. 3 実験交換システム / p37 (0022.jp2)
  18. 3. 4 評価結果 / p40 (0024.jp2)
  19. 3. 5 むすび / p40 (0024.jp2)
  20. 第4章 通信ソフトウェア縮退検証手法 / p42 (0025.jp2)
  21. 4. 1 まえがき / p42 (0025.jp2)
  22. 4. 2 縮退検証手法 / p42 (0025.jp2)
  23. 4. 3 検証性に関する結果 / p51 (0029.jp2)
  24. 4. 4 適用例 / p57 (0032.jp2)
  25. 4. 5 むすび / p59 (0033.jp2)
  26. 第5章 通信ソフトウェア構成の簡単化手法 / p60 (0034.jp2)
  27. 5. 1 まえがき / p60 (0034.jp2)
  28. 5. 2 従来の問題点と同期組オートマトンモデル / p61 (0034.jp2)
  29. 5. 3 基本分解アルゴリズム / p64 (0036.jp2)
  30. 5. 4 同期組オートマトンへの分解 / p69 (0038.jp2)
  31. 5. 5 適用例 / p71 (0039.jp2)
  32. 5. 6 むすび / p74 (0041.jp2)
  33. 第6章 設計情報管理手法 / p75 (0041.jp2)
  34. 6. 1 まえがき / p75 (0041.jp2)
  35. 6. 2 設計観察実験 / p76 (0042.jp2)
  36. 6. 3 設計履歴モデル / p76 (0042.jp2)
  37. 6. 4 設計履歴を用いた設計支援手法 / p82 (0045.jp2)
  38. 6. 5 むすび / p89 (0048.jp2)
  39. 第7章 結論 / p91 (0049.jp2)
  40. 謝辞 / p93 (0050.jp2)
  41. 参考文献 / p94 (0051.jp2)
  42. 本論文に関連する著者の発表論文 / p101 (0054.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088839
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089058
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253153
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ