都市圏における空間構成と規模に応じた土地利用モデルの開発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川井, 隆司 カワイ, タカシ

書誌事項

タイトル

都市圏における空間構成と規模に応じた土地利用モデルの開発に関する研究

著者名

川井, 隆司

著者別名

カワイ, タカシ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第1633号

学位授与年月日

1992-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と立場 / p3 (0009.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究の全体構成 / p5 (0010.jp2)
  6. 第2章 都市圏における土地利用空間の構成と規模 / p7 (0011.jp2)
  7. 2.1 概説 / p9 (0012.jp2)
  8. 2.2 土地利用モデルの開発における問題点とその解決のための方策 / p11 (0013.jp2)
  9. 2.3 土地利用計画の整理体系化と土地利用モデル / p14 (0015.jp2)
  10. 2.4 土地利用空間の構成と規模 / p16 (0016.jp2)
  11. 2.5 土地利用空間の構成要素と土地利用モデル / p21 (0018.jp2)
  12. 2.6 結語 / p25 (0020.jp2)
  13. [参考文献] / p27 (0021.jp2)
  14. 第3章 面的大規模土地利用空間での計量経済学的手法による地目別土地利用モデル / p29 (0022.jp2)
  15. 3.1 概説 / p31 (0023.jp2)
  16. 3.2 地目別土地利用モデルの開発方針 / p32 (0024.jp2)
  17. 3.3 地目別土地利用モデルの全体構成 / p36 (0026.jp2)
  18. 3.4 土地利用転換メカニズムと変数間の因果関係 / p38 (0027.jp2)
  19. 3.5 構造方程式の推定結果と最終テスト結果 / p42 (0029.jp2)
  20. 3.6 予測シミュレーション結果 / p47 (0031.jp2)
  21. 3.7 結語 / p53 (0034.jp2)
  22. [参考文献] / p54 (0035.jp2)
  23. 第4章 面的中規模土地利用空間での社会厚生的接近法による厚生最大化モデルとその改良型モデル / p57 (0036.jp2)
  24. 4.1 概説 / p59 (0037.jp2)
  25. 4.2 厚生最大化モデルの開発方針 / p60 (0038.jp2)
  26. 4.3 厚生最大化モデル / p63 (0039.jp2)
  27. 4.4 改良形厚生最大化モデル / p71 (0043.jp2)
  28. 4.5 確率効用選択モデルの導出 / p80 (0048.jp2)
  29. 4.6 モデル間における構造比較 / p83 (0049.jp2)
  30. 4.7 厚生最大化モデルと改良形厚生最大化モデルの適用法 / p91 (0053.jp2)
  31. 4.8 厚生最大化モデルと改良形厚生最大化モデルの都市圏への適用 / p99 (0057.jp2)
  32. 4.9 結語 / p115 (0065.jp2)
  33. [参考文献] / p117 (0066.jp2)
  34. 第5章 面的小規模土地利用空間での神経回路網理論によるミクロ土地利用モデル / p119 (0067.jp2)
  35. 5.1 概説 / p121 (0068.jp2)
  36. 5.2 ミクロ土地利用モデルの開発方針 / p122 (0069.jp2)
  37. 5.3 ニューラルネットワークと誤差逆伝搬学習則 / p124 (0070.jp2)
  38. 5.4 ミクロ土地利用モデルの開発 / p126 (0071.jp2)
  39. 5.5 ミクロ土地利用モデルの適用と考察 / p131 (0073.jp2)
  40. 5.6 結語 / p135 (0075.jp2)
  41. [参考文献] / p136 (0076.jp2)
  42. 第6章 線的土地利用空間での知識工学的手法による沿道土地利用モデル / p139 (0077.jp2)
  43. 6.1 概説 / p141 (0078.jp2)
  44. 6.2 沿道土地利用モデルの開発方針 / p143 (0079.jp2)
  45. 6.3 エキスパートシステムの基本概念 / p145 (0080.jp2)
  46. 6.4 沿道立地予測に関する知識源と知識の収集 / p146 (0081.jp2)
  47. 6.5 沿道土地利用モデルの開発 / p148 (0082.jp2)
  48. 6.6 プロダクションルール生成法の提案 / p152 (0084.jp2)
  49. 6.7 結語 / p162 (0089.jp2)
  50. [参考文献] / p163 (0089.jp2)
  51. 第7章 点的土地利用空間でのファジィ数理計画法による都市再開発モデル / p165 (0090.jp2)
  52. 7.1 概説 / p167 (0091.jp2)
  53. 7.2 都市再開発モデルの開発方針 / p168 (0092.jp2)
  54. 7.3 都市再開発モデルの定式化 / p171 (0093.jp2)
  55. 7.4 都市再開発モデルの適用 / p193 (0104.jp2)
  56. 7.5 結語 / p208 (0112.jp2)
  57. [参考文献] / p209 (0112.jp2)
  58. 第8章 結論 / p211 (0113.jp2)
  59. 8.1 研究成果のまとめ / p213 (0114.jp2)
  60. 8.2 統合化土地利用モデルの開発の可能性 / p218 (0117.jp2)
  61. 謝辞 / p223 (0119.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000088890
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089109
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253204
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ