コンクリートの耐凍害性評価方法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大和, 竹史, 1943- ヤマト, タケシ

書誌事項

タイトル

コンクリートの耐凍害性評価方法に関する研究

著者名

大和, 竹史, 1943-

著者別名

ヤマト, タケシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5168号

学位授与年月日

1992-04-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 コンクリートの耐凍害性に関する既往の研究と問題点 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p6 (0008.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p6 (0008.jp2)
  7. 第2章 コンクリートの耐凍害性に対する影響要因 / p8 (0009.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p8 (0009.jp2)
  9. 2.2 急速凍結融解試験方法 / p9 (0009.jp2)
  10. 2.3 セメントの相違が耐凍害性に及ぼす影響 / p12 (0011.jp2)
  11. 2.4 粗骨材の材質が耐凍害性に及ぼす影響 / p16 (0013.jp2)
  12. 2.5 混和材料が耐凍害性に及ぼす影響 / p31 (0020.jp2)
  13. 2.6 蒸気養生条件が耐凍害性に及ぼす影響 / p71 (0040.jp2)
  14. 2.7 含有塩化物がコンクリートの耐凍害性に及ぼす影響 / p76 (0043.jp2)
  15. 2.8 コンクリートの耐凍害性に影響を及ぼす外的要因の検討 / p103 (0056.jp2)
  16. 2.9 内的要因および外的要因を考慮した耐久性指数推定式の決定 / p142 (0076.jp2)
  17. 2.10 本章の要約 / p157 (0083.jp2)
  18. 第3章 九州および北海道における各種コンクリートの戸外暴露試験 / p161 (0085.jp2)
  19. 3.1 はじめに / p161 (0085.jp2)
  20. 3.2 下筌ダムにおけるコンクリート試験体の戸外暴露試験 / p162 (0086.jp2)
  21. 3.3 苫小牧におけるコンクリート試験体の戸外暴露試験 / p190 (0100.jp2)
  22. 3.4 耐久性指数推定式による耐久性指数と戸外暴露試験体の相対動弾性係数の比較 / p203 (0106.jp2)
  23. 3.5 本章の要約 / p206 (0108.jp2)
  24. 第4章 凍結融解過程におけるNON-AEおよびAEコンクリートの温度・長さ変化関係、ダイレーションおよび凍結水量の測定 / p209 (0109.jp2)
  25. 4.1 はじめに / p209 (0109.jp2)
  26. 4.2 凍結融解の繰り返しに伴うNON-AEおよびAEコンクリートの諸性状の推移 / p210 (0110.jp2)
  27. 4.3 凍結融解過程におけるモルタルおよびコンクリートの長さ変化および示差熱解析による凍結水量の測定 / p219 (0114.jp2)
  28. 4.4 本章の要約 / p246 (0128.jp2)
  29. 第5章 総括 / p247 (0128.jp2)
  30. 参考文献 / p249 (0129.jp2)
  31. 謝辞 / p258 (0134.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089152
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986018
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000253466
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ