活性炭素繊維(ACF)の吸着、触媒機能に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 河野, 靜夫 カワノ, シズオ

書誌事項

タイトル

活性炭素繊維(ACF)の吸着、触媒機能に関する研究

著者名

河野, 靜夫

著者別名

カワノ, シズオ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5182号

学位授与年月日

1992-05-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 大気汚染と環境保全 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 環境保全技術の進歩と課題 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.3 環境保全技術の現状 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.4 環境保全技術の課題 / p12 (0018.jp2)
  7. 1.5 活性炭素繊維への期待 / p15 (0021.jp2)
  8. 1.6 活性炭素繊維の製造及び賦活法 / p17 (0023.jp2)
  9. 1.7 活性炭素繊維の触媒作用 / p19 (0025.jp2)
  10. 1.8 本研究の意義と目的 / p23 (0029.jp2)
  11. 1.9 本論文の概要 / p23 (0029.jp2)
  12. 第2章 ポリアクリロニトリル系活性炭素繊維(PANACF)の排煙脱硫能 / p30 (0036.jp2)
  13. 2.1 緒言 / p30 (0036.jp2)
  14. 2.2 実験 / p30 (0036.jp2)
  15. 2.3 結果 / p31 (0037.jp2)
  16. 2.4 議論 / p45 (0051.jp2)
  17. 第3章 硫酸賦活活性炭素繊維によるアンモニアの捕捉 / p49 (0055.jp2)
  18. 3.1 緒言 / p49 (0055.jp2)
  19. 3.2 実験 / p49 (0055.jp2)
  20. 3.3 結果 / p52 (0058.jp2)
  21. 3.4 議論 / p66 (0072.jp2)
  22. 第4章 アンモニア吸着除去用硫酸賦活活性炭素繊維のNOによる温室再生 / p73 (0079.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p73 (0079.jp2)
  24. 4.2 実験 / p73 (0079.jp2)
  25. 4.3 結果 / p74 (0080.jp2)
  26. 4.4 議論 / p85 (0091.jp2)
  27. 第5章 湿空気中NOによるピッチ系ACFのアンモニア吸着能の室温再生性 / p88 (0094.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p88 (0094.jp2)
  29. 5.2 実験 / p89 (0095.jp2)
  30. 5.3 結果 / p91 (0097.jp2)
  31. 5.4 議論 / p99 (0105.jp2)
  32. 第6章 硫酸再賦活活性炭素繊維による湿空気中NOの室温アンモニア還元 / p106 (0112.jp2)
  33. 6.1 緒言 / p106 (0112.jp2)
  34. 6.2 実験 / p106 (0112.jp2)
  35. 6.3 結果 / p109 (0115.jp2)
  36. 6.4 議論 / p122 (0128.jp2)
  37. 第7章 本研究の要約と結論 / p127 (0133.jp2)
  38. 謝辞 / p131 (0137.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089166
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089386
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253480
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ