逆相高速液体クロマトグラフィーを用いる薬物の疎水性パラメータの評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 貝原, 徳紀 カイバラ, アツノリ

書誌事項

タイトル

逆相高速液体クロマトグラフィーを用いる薬物の疎水性パラメータの評価に関する研究

著者名

貝原, 徳紀

著者別名

カイバラ, アツノリ

学位授与大学

京都大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第5179号

学位授与年月日

1992-07-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1章 水/有機溶媒混合移動相を用いた逆相高速液体クロマトグラフィーにおける保持挙動に基づく疎水性パラメータの評価 / p2 (0006.jp2)
  5. 第1節 保持の有機溶媒濃度依存性を評価するモデル式の選択 / p2 (0006.jp2)
  6. 第2節 両対数モデルによる保持挙動の解析とr値の導入による溶質の疎水性評価 / p12 (0011.jp2)
  7. 第3節 置換モデル適用の妥当性とr値の特性の検討 / p26 (0018.jp2)
  8. 引用文献 / p40 (0025.jp2)
  9. 第2章 疎水性相互作用に及ぼす極性官能基の効果 / p44 (0027.jp2)
  10. 第1節 非極性リガンドヘの吸着に対する極性官能基の効果と溶質の吸着姿勢 / p44 (0027.jp2)
  11. 第2節 r値に及ぼす極性官能基の影響の検討 / p55 (0032.jp2)
  12. 引用文献 / p66 (0038.jp2)
  13. 第3章 非極性リガンドの保持特性 / p67 (0038.jp2)
  14. 第1節 構造の異なるリガンドを持つ固定相の保持特性の評価 / p67 (0038.jp2)
  15. 第2節 非疎水性相互作用が関与する保持挙動からの疎水性の寄与の分離評価 / p76 (0043.jp2)
  16. 引用文献 / p79 (0044.jp2)
  17. 第4章 薬物-タンパク結合における疎水性相互作用 / p80 (0045.jp2)
  18. 第1節 構造活性相関へのr値の適用 / p80 (0045.jp2)
  19. 第2節 特異的アルブミン結合における疎水性相互作用の寄与の解析 / p88 (0049.jp2)
  20. 引用文献 / p97 (0053.jp2)
  21. 結語 / p99 (0054.jp2)
  22. 謝辞 / p101 (0055.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089209
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089429
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253523
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ