機能性フラビン誘導体の合成と反応に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 秋山, 泰身 アキヤマ, タイシン

書誌事項

タイトル

機能性フラビン誘導体の合成と反応に関する研究

著者名

秋山, 泰身

著者別名

アキヤマ, タイシン

学位授与大学

京都大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第5181号

学位授与年月日

1992-07-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第5181号

薬博第323号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 理論の部 / (0005.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  5. 第1章 著者の研究方針 / p3 (0007.jp2)
  6. 第2章 フラビニウム塩を用いた1電子伝達系の構築 / p7 (0009.jp2)
  7. 第1節 Na₂S₂O₄とフラビニウム塩を用いた電子伝達系 / p7 (0009.jp2)
  8. 第2節 NADHモデル化合物とフラビニウム塩による電子伝達系の構築 / p11 (0011.jp2)
  9. 第3章 5位に水素結合し得る新しいフラビン酵素モデル化合物の合成と性質 / (0013.jp2)
  10. 第1節 N(5)位に水素結合し得るフラビン誘導体のデザインと合成 / p14 (0013.jp2)
  11. 第2節 フラビンカルボン酸類のUV-可視光吸収スペクトル / p18 (0015.jp2)
  12. 第3節 N(5)位に水素結合可能なフラビンのセミキノンラジカルの安定性 / p23 (0017.jp2)
  13. 第4節 フラビン-6-カルボン酸類のセミキノンラジカルのESRスペクトルの解析 / p31 (0021.jp2)
  14. 第5節 フラビン-6-カルボン酸類のセミキノンラジカルのUV-可視光吸収スペクトル / p34 (0023.jp2)
  15. 第6節 N(5)位に分子内水素結合可能なフラビンによる過酸化水素の活性化 / p37 (0024.jp2)
  16. 第4章 フラビンによるDNA光切断反応 / p43 (0027.jp2)
  17. 第1節 DNA切断活性を持つフラビン誘導体のデザインと合成 / p43 (0027.jp2)
  18. 第2節 フラビン誘導体によるDNA光切断の検討 / p45 (0028.jp2)
  19. 第3節 フラビンによるDNA光切断の塩基特異性の検討 / p47 (0029.jp2)
  20. 第5章 フラビン修飾オリゴデオキシヌクレオチドの合成と性質 / p51 (0031.jp2)
  21. 第1節 フラビン修飾オリゴデオキシヌクレオチドの合成 / p51 (0031.jp2)
  22. 第2節 フラビン修飾オリゴデオキシヌクレオチドの構造確認 / p60 (0036.jp2)
  23. 第3節 フラビン修飾オリゴデオキシヌクレオチドの分光学的性質 / p65 (0038.jp2)
  24. 第4節 フラビン修飾オリゴデオキシヌクレオチドと相補鎖によるヘリックスの熱的安定性とその構造 / p71 (0041.jp2)
  25. 第5節 フラビン修飾オリゴデオキシヌクレオチドによる塩基配列特異的DNA切断 / p77 (0044.jp2)
  26. 第6章 結語および要約 / p81 (0046.jp2)
  27. 謝辞 / p82 (0047.jp2)
  28. 実験の部 / (0047.jp2)
  29. 第2章に関する実験 / p84 (0049.jp2)
  30. 第3章に関する実験 / p86 (0050.jp2)
  31. 第4章に関する実験 / p96 (0055.jp2)
  32. 第5章に関する実験 / p99 (0056.jp2)
  33. 引用文献 / p105 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089211
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089431
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000253525
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ