プレストレストコンクリート不静定架構のクリープ応力解析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 誠一 ワタナベ, セイイチ

書誌事項

タイトル

プレストレストコンクリート不静定架構のクリープ応力解析に関する研究

著者名

渡辺, 誠一

著者別名

ワタナベ, セイイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7922号

学位授与年月日

1992-07-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. -目次- / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 コンクリートのクリープと構造物におよぼす影響に関する過去の研究 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的と概要 / p3 (0007.jp2)
  6. 第2章 遅れ弾性およびフロークリープひずみ表示式と,回復クリープの部材クリープ挙動に及ぼす影響 / p7 (0009.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p7 (0009.jp2)
  8. 2.2 コンクリートのクリープひずみの古典表示式 / p8 (0010.jp2)
  9. 2.3 コンクリートのクリープひずみの新表示式 / p10 (0011.jp2)
  10. 2.4 プレストレストコンクリート静定部材のプレストレス力減退量計算式 / p15 (0013.jp2)
  11. 2.5 数値計算結果による比較 / p18 (0015.jp2)
  12. 2.6 第2章総括 / p23 (0017.jp2)
  13. 第3章 PC静定部材のクリープ変形とクリープ係数 / p26 (0019.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p26 (0019.jp2)
  15. 3.2 コンクリートのクリープと乾燥収縮ひずみ表示基本則 / p27 (0020.jp2)
  16. 3.3 PC静定部材単位材長あたりのプレストレス力減退およびクリープ変形解析基礎式 / p29 (0021.jp2)
  17. 3.4 PC静定部材単位材長あたりのプレストレス力減退量△[数式]およびプレストレスモーメント減退量△[数式]の解析 / p31 (0022.jp2)
  18. 3.5 軸方向クリープひずみおよび回転クリープひずみ / p34 (0023.jp2)
  19. 3.6 部材全長に対するクリープ変形式,およびクリープ係数 / p38 (0025.jp2)
  20. 3.7 数値解析による比較 / p46 (0029.jp2)
  21. 3.8 第3章総括 / p51 (0032.jp2)
  22. 第4章 鋼-コンクリート複合構造部材のクリープ変形とクリープ係数 / p56 (0034.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p56 (0034.jp2)
  24. 4.2 鋼-コンクリート複合部材の弾性応力およびひずみ解析 / p56 (0034.jp2)
  25. 4.3 一定持続応力のもとでの鉄筋コンクリート部材の単位材長あたりのクリープ挙動解析基本式 / p59 (0036.jp2)
  26. 4.4 RC部材単位材長あたりの移行応力△[数式],△[数式]の解析 / p61 (0037.jp2)
  27. 4.5 軸方向クリープひずみおよび回転クリープひずみ / p65 (0039.jp2)
  28. 4.6 軸方向クリープひずみおよび回転クリープひずみの近似計算式とグリープ係数 / p67 (0040.jp2)
  29. 4.7 部材全長に対するクリープ変形近似計算式 / p69 (0041.jp2)
  30. 4.8 第4章総括 / p71 (0042.jp2)
  31. 第5章 プレストレストコンクリート不静定架構のたわみ角法によるクリープ応力解析 / p74 (0043.jp2)
  32. 5.1 はじめに / p74 (0043.jp2)
  33. 5.2 架構各部材のクリープによる材端付加変位 / p74 (0043.jp2)
  34. 5.3 コンクリート系部材のクリープ係数 / p75 (0044.jp2)
  35. 5.4 軸方向クリープ変位と材端不静定クリープ付加軸力との関係 / p77 (0045.jp2)
  36. 5.5 回転クリープ変位と材端不静定クリープ付加曲げモーメントの関係 / p80 (0046.jp2)
  37. 5.6 荷重項 / p84 (0048.jp2)
  38. 5.7 節点応力のつり合方程式 / p88 (0050.jp2)
  39. 5.8 計算例 / p89 (0051.jp2)
  40. 5.9 第5章総括 / p97 (0055.jp2)
  41. 第6章 場所打一体式PCラーメン構造建物のクリープひずみ測定とその解析 / p100 (0056.jp2)
  42. 6.1 はじめに / p100 (0056.jp2)
  43. 6.2 クリープひずみ計測建物の概要 / p100 (0056.jp2)
  44. 6.3 ひずみ測定 / p104 (0058.jp2)
  45. 6.4 プレストレス導入時弾性ひずみ実測結果と計算値との比較 / p110 (0061.jp2)
  46. 6.5 ひずみ測定値からのコンクリートのクリープ係数の推定 / p113 (0063.jp2)
  47. 6.6 クリープ応力解析とその考察 / p121 (0067.jp2)
  48. 6.7 第6章総括 / p132 (0072.jp2)
  49. 第7章 結論 / p134 (0073.jp2)
  50. 付録I 主要発表論文著書 / p142 (0077.jp2)
  51. 謝辞 / p145 (0079.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089250
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089470
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253564
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ