Al-Si析出強化合金の高温長時間強度に及ぼす第2相粒子の効果

この論文をさがす

著者

    • 太田, 裕樹 オオタ, ヒロキ

書誌事項

タイトル

Al-Si析出強化合金の高温長時間強度に及ぼす第2相粒子の効果

著者名

太田, 裕樹

著者別名

オオタ, ヒロキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4682号

学位授与年月日

1992-06-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 1.序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1.従来の説明 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2.本研究の目的 / p5 (0010.jp2)
  5. 2.実験方法 / p8 (0013.jp2)
  6. 2-1.実験試料 / p8 (0013.jp2)
  7. 2-2.熱処理 / p8 (0013.jp2)
  8. 2-3.クリ-プ試験 / p9 (0014.jp2)
  9. 2-4.透過電子顕微鏡観察 / p10 (0015.jp2)
  10. 3.クリープ挙動 / p12 (0017.jp2)
  11. 3-1.クリープ曲線 / p12 (0017.jp2)
  12. 3-2.最小クリープ速度の応力依存性 / p12 (0017.jp2)
  13. 3-3.最小クリープ速度の温度依存性 / p13 (0018.jp2)
  14. 3-4.クリープ挙動に関するまとめ(小括) / p14 (0019.jp2)
  15. 4.析出粒子の形態変化 / p15 (0020.jp2)
  16. 4-1.最小クリープ速度を示すひずみでのクリープ変形組織 / p15 (0020.jp2)
  17. 4-2.変形にともなう析出物組織の変化 / p19 (0024.jp2)
  18. 4-3.析出粒子の形態変化に関するまとめ(小括) / p25 (0030.jp2)
  19. 5.転位組織の形成 / p27 (0032.jp2)
  20. 5-1.転位密度の応力依存性 / p27 (0032.jp2)
  21. 5-2.変形にともなう転位密度の変化 / p28 (0033.jp2)
  22. 5-3.サブグレインサイズの測定 / p30 (0035.jp2)
  23. 5-4.転位組織に関するまとめ(小括) / p32 (0037.jp2)
  24. 6.クリープ挙動に及ぼすSi濃度の影響 / p34 (0039.jp2)
  25. 6-1.クリープ変形挙動 / p34 (0039.jp2)
  26. 6-2.クリープ変形組織 / p34 (0039.jp2)
  27. 6-3.A1-Si合金のクリープ挙動について(小括) / p36 (0041.jp2)
  28. 7.クリープ変形機構 / p38 (0043.jp2)
  29. 7-1.各応力域での変形機構 / p39 (0044.jp2)
  30. 7-2.粒子細分化機構 / p42 (0047.jp2)
  31. 7-3.転位組織に及ぼす細分化の影響 / p44 (0049.jp2)
  32. 7-4.長時間クリープ中の粒子形態変化 / p47 (0052.jp2)
  33. 7-5.各応力域での変形機構のまとめ(小括) / p49 (0054.jp2)
  34. 8.総括 / p51 (0056.jp2)
  35. 謝辞 / (0060.jp2)
  36. 図および表 / (0061.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089324
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089545
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253638
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ