高速液体クロマトグラフィーによる蛍光誘導体化アラキドン酸代謝物の測定法の確立と生体試料中のアラキドン酸代謝物測定への応用

この論文をさがす

著者

    • 八巻, 幸二 ヤマキ, コウジ

書誌事項

タイトル

高速液体クロマトグラフィーによる蛍光誘導体化アラキドン酸代謝物の測定法の確立と生体試料中のアラキドン酸代謝物測定への応用

著者名

八巻, 幸二

著者別名

ヤマキ, コウジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5826号

学位授与年月日

1992-06-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 HPLCによるADAM誘導体化アラキドン酸代謝物の定量:ラット胸腔細胞が産生するアラキドン酸代謝物測定への応用 / p3 (0005.jp2)
  4. 1.序論 / p3 (0005.jp2)
  5. 2.実験結果 / p4 (0006.jp2)
  6. 3.考察 / p11 (0009.jp2)
  7. 第2章 HPLCによるADAM誘導体化アラキドン酸代謝物の定量:ウサギ血小板が産生するアラキドン酸代謝物測定への応用 / p15 (0011.jp2)
  8. 1.序論 / p15 (0011.jp2)
  9. 2.実験結果 / p15 (0011.jp2)
  10. 3.考察 / p20 (0014.jp2)
  11. 第3章 HPLCによるADAM誘導体化PG代謝物の定量:腎臓ホモジネート上清中のPG代謝活性測定への応用 / p22 (0015.jp2)
  12. 1.序論 / p22 (0015.jp2)
  13. 2.実験結果 / p22 (0015.jp2)
  14. 3.考察 / p28 (0018.jp2)
  15. 第4章 HPLCによるADAM誘導体化アラキドン酸代謝物の定量:ラット腹腔浸潤白血球が産生するLTB₄測定への応用 / p31 (0019.jp2)
  16. 1.序論 / p31 (0019.jp2)
  17. 2.実験結果 / p31 (0019.jp2)
  18. 3.考察 / p35 (0021.jp2)
  19. 第5章 HPLCによるADAM誘導体化リポキシゲナーゼ産物とアラキドン酸の定量 / p41 (0024.jp2)
  20. 1.序論 / p41 (0024.jp2)
  21. 2.実験結果 / p42 (0025.jp2)
  22. 3.考察 / p52 (0030.jp2)
  23. 総括 / p58 (0033.jp2)
  24. 実験材料および実験方法 / p61 (0034.jp2)
  25. 謝辞 / p73 (0040.jp2)
  26. 引用文献 / p74 (0041.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089354
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089575
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253668
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ