旋回流型気流層石炭ガス化炉の設計手法の開発

この論文をさがす

著者

    • 森原, 淳 モリハラ, アツシ

書誌事項

タイトル

旋回流型気流層石炭ガス化炉の設計手法の開発

著者名

森原, 淳

著者別名

モリハラ, アツシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5833号

学位授与年月日

1992-07-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 気流層石炭ガス化炉に関する既往の研究 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p6 (0012.jp2)
  6. 1.4 本研究の概要 / p7 (0013.jp2)
  7. 第2章 常温流れモデル炉による気流層内流動状態の測定 / p8 (0015.jp2)
  8. 2.1 序 / p8 (0015.jp2)
  9. 2.2 常温流れモデル炉試験装置 / p9 (0016.jp2)
  10. 2.3 測定方法 / p17 (0024.jp2)
  11. 2.4 気流層内流動特性の測定結果 / p22 (0029.jp2)
  12. 2.5 結言 / p38 (0045.jp2)
  13. 第3章 旋回流れのモデル化 / p39 (0047.jp2)
  14. 3.1序 / p39 (0047.jp2)
  15. 3.2 Rankine組合せ渦とBurgers渦 / p40 (0048.jp2)
  16. 3.3 旋回流のモデル / p42 (0050.jp2)
  17. 3.4 噴出速度と旋回流の関係 / p45 (0053.jp2)
  18. 3.5 境界高さの算出 / p49 (0057.jp2)
  19. 3.6 実測値との比較 / p51 (0059.jp2)
  20. 3.7 結言 / p55 (0063.jp2)
  21. 第4章 粒子滞留時間の推算 / p56 (0065.jp2)
  22. 4.1序 / p56 (0065.jp2)
  23. 4.2 粒子滞留時間の算出 / p56 (0065.jp2)
  24. 4.3 平均粒子滞留時間計算値と実測値との比較 / p67 (0076.jp2)
  25. 4.4 結言 / p71 (0080.jp2)
  26. 第5章 基礎ガス化装置におけるガス化効率に及ぼす粒子滞留時間の影響 / p72 (0082.jp2)
  27. 5.1序 / p72 (0082.jp2)
  28. 5.2 試験装置及び方法 / p72 (0082.jp2)
  29. 5.3 試験結果 / p76 (0086.jp2)
  30. 5.4 ガス化効率の算出 / p80 (0090.jp2)
  31. 5.5 結言 / p86 (0096.jp2)
  32. 第6章 総括 / p87 (0098.jp2)
  33. 謝辞 / p89 (0101.jp2)
  34. 記号の説明 / p90 (0103.jp2)
  35. 参考文献 / p93 (0107.jp2)
  36. 補遺 パイロットプラントへの適用 / p97 (0112.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089361
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089582
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253675
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ