現地遡上波の機構解明とその予測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 久保田, 進, 1949- クボタ, ススム

書誌事項

タイトル

現地遡上波の機構解明とその予測に関する研究

著者名

久保田, 進, 1949-

著者別名

クボタ, ススム

学位授与大学

中央大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第149号

学位授与年月日

1991-10-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0012.jp2)
  3. 第1章 既往の研究 / p5 (0014.jp2)
  4. 1.1 概要 / p5 (0015.jp2)
  5. 1.2 初期の研究 / p11 (0020.jp2)
  6. 1.3 近年の研究 / p13 (0021.jp2)
  7. 1.4 まとめ / p19 (0024.jp2)
  8. 第2章 砕波帯の波浪観測手法 / p21 (0026.jp2)
  9. 2.1 概要 / p21 (0026.jp2)
  10. 2.2 砕波帯への入射波の観測 / p23 (0027.jp2)
  11. 2.3 砕波帯内の波の観測手法 / p42 (0037.jp2)
  12. 2.4 遡上域での波の観測手法 / p69 (0050.jp2)
  13. 2.5 まとめ / p79 (0055.jp2)
  14. 第3章 遡上波の現地観測 / p83 (0058.jp2)
  15. 3.1 概要 / p83 (0058.jp2)
  16. 3.2 大洗海岸における観測 / p85 (0059.jp2)
  17. 3.3 波崎海岸における観測 / p103 (0068.jp2)
  18. 3.4 北九十九里海岸における観測 / p126 (0080.jp2)
  19. 3.5 まとめ / p140 (0087.jp2)
  20. 第4章 入・反射波の分離 / p143 (0089.jp2)
  21. 4.1 概要 / p143 (0089.jp2)
  22. 4.2 分離方法 / p144 (0090.jp2)
  23. 4.3 分離結果 / p154 (0095.jp2)
  24. 4.4 まとめ / p179 (0107.jp2)
  25. 第5章 遡上・反射波分布のモデル化 / p181 (0109.jp2)
  26. 5.1 概要 / p181 (0109.jp2)
  27. 5.2 波の吸収と追いっきのモデル化 / p182 (0110.jp2)
  28. 5.3 遡上波高と反射波高の算定式 / p186 (0112.jp2)
  29. 5.4 モデルの検証 / p197 (0123.jp2)
  30. 5.5 まとめ / p202 (0126.jp2)
  31. 結論 / p203 (0127.jp2)
  32. (1)既往の研究 / p204 (0128.jp2)
  33. (2)砕波帯の波浪観測手法 / p205 (0128.jp2)
  34. (3)遡上波の現地観測 / p206 (0129.jp2)
  35. (4)入・反射波の分離 / p207 (0129.jp2)
  36. (5)遡上・反射波分布のモデル化 / p209 (0130.jp2)
  37. (6)結論 / p210 (0131.jp2)
  38. 謝辞 / p213 (0133.jp2)
  39. 参考文献 / p215 (0135.jp2)
  40. 付録 / (0144.jp2)
  41. 概要 / A-1 / (0145.jp2)
  42. A 現地観測手法 / A-2 / (0146.jp2)
  43. 参考文献 / A-13 / (0151.jp2)
  44. B 遡上波に関する現地観測のデータセット名(メンバー名) / A-14 / (0152.jp2)
  45. C 生データの統計値 / A-19 / (0154.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089373
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986044
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253687
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ