白金を含むAuCu-Ag合金の時効硬化機構について

この論文をさがす

著者

    • 谷, 俊彦 タニ, トシヒコ

書誌事項

タイトル

白金を含むAuCu-Ag合金の時効硬化機構について

著者名

谷, 俊彦

著者別名

タニ, トシヒコ

学位授与大学

長崎大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第13号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 論文内容の要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0007.jp2)
  4. 第1章 本研究の背景と目的-文献調査- / p1 (0009.jp2)
  5. 1-1 白金加金の起源 / p1 (0009.jp2)
  6. 1-2 白金加金の定義 / p1 (0009.jp2)
  7. 1-3 時効硬化機構について-初期の研究- / p5 (0013.jp2)
  8. 1-4 時効硬化の原因となる相変態 / p8 (0016.jp2)
  9. 1-5 歯科用金合金の相変態に関する最近の研究 / p17 (0025.jp2)
  10. 1-6 従来の研究における問題点および本研究の目的 / p20 (0028.jp2)
  11. 第2章 市販白金加金の時効硬化機構 / p22 (0030.jp2)
  12. 2-1 緒言 / p22 (0030.jp2)
  13. 2-2 試料合金および実験方法 / p24 (0032.jp2)
  14. 2-3 実験結果 / p26 (0034.jp2)
  15. 2-4 考察 / p37 (0045.jp2)
  16. 2-5 結論 / p43 (0051.jp2)
  17. 第3章 AuCu-14at.%Ag合金の時効硬化特性と相変態 / p46 (0054.jp2)
  18. 3-1 緒言 / p46 (0054.jp2)
  19. 3-2 試料合金および実験方法 / p46 (0054.jp2)
  20. 3-3 実験結果 / p48 (0056.jp2)
  21. 3-4 考察 / p64 (0072.jp2)
  22. 3-5 結論 / p71 (0079.jp2)
  23. 第4章 白金を含むAuCu-Ag合金の時効硬化機構について / p73 (0081.jp2)
  24. 4-1 緒言 / p73 (0081.jp2)
  25. 4-2 試料合金作製法および実験方法 / p75 (0083.jp2)
  26. 4-3 実験結果 / p77 (0085.jp2)
  27. 4-4 考察 / p110 (0118.jp2)
  28. 4-5 結論 / p118 (0126.jp2)
  29. 第5章 総括 / p120 (0128.jp2)
  30. 参考文献 / p123 (0131.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089491
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089712
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253805
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ