直鎖飽和脂肪酸の薬理作用に関する研究 : 生体機能防御因子としての役割

この論文をさがす

著者

    • 三輪, 高市 ミワ, タカイチ

書誌事項

タイトル

直鎖飽和脂肪酸の薬理作用に関する研究 : 生体機能防御因子としての役割

著者名

三輪, 高市

著者別名

ミワ, タカイチ

学位授与大学

長崎大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第14号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0008.jp2)
  3. 使用薬品および試薬リスト / (0011.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0013.jp2)
  5. 第1章 脂肪酸の中枢作用 / p3 (0015.jp2)
  6. 実験材料および統計処理 / p3 (0015.jp2)
  7. 1-1 脂肪酸単独投与の影響 / p4 (0016.jp2)
  8. 1-2 各種中枢作用薬に対する脂肪酸投与の影響 / p8 (0020.jp2)
  9. 考察 / p13 (0025.jp2)
  10. 小括 / p14 (0026.jp2)
  11. 第2章 Lauric acidの抗侵害作用 / p15 (0027.jp2)
  12. 実験動物 / p15 (0027.jp2)
  13. 2-1 投与経路による効果の相違 / p15 (0027.jp2)
  14. 2-2 肝機能に基くlauric acidの抗侵害作用の変化 / p17 (0029.jp2)
  15. 2-3 Lauric acidの抗侵害作用に対するnaloxoneの影響 / p19 (0031.jp2)
  16. 2-4 Morphine抗侵害作用に対するlauric acidの影響 / p20 (0032.jp2)
  17. 2-5 Morphine耐性形成に対する脂肪酸の影響 / p23 (0035.jp2)
  18. 考察 / p25 (0037.jp2)
  19. 小括 / p26 (0038.jp2)
  20. 第3章 Lauric acidの作用発現と血中遊離脂肪酸 / p27 (0039.jp2)
  21. 実験動物 / p27 (0039.jp2)
  22. 3-1 血中遊離脂肪酸の測定法 / p27 (0039.jp2)
  23. 3-2 Lauric acid投与による血中遊離脂肪酸濃度の変動 / p31 (0043.jp2)
  24. 3-3 Caproic acidおよびpalmitic acid投与による血中遊離脂肪酸濃度の変動 / p33 (0045.jp2)
  25. 3-4 Morphine投与による血中遊離脂肪酸濃度の変動 / p34 (0046.jp2)
  26. 3-5 Morphineの血中遊離脂肪酸濃度上昇効果に及ぼすnaloxoneおよびlauric acidの影響 / p36 (0048.jp2)
  27. 3-6 Morphine耐性形成に伴う血中遊離脂肪酸濃度の変化 / p38 (0050.jp2)
  28. 3-7 ストレス負荷による血中遊離脂肪酸濃度の変動 / p41 (0053.jp2)
  29. 考察 / p43 (0055.jp2)
  30. 小括 / p44 (0056.jp2)
  31. 総括および結論 / p46 (0058.jp2)
  32. 謝辞 / p48 (0060.jp2)
  33. 参考文献 / p49 (0061.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089501
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089722
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253815
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ