高度成長以降の韓国沿岸漁場利用制度の変貌 : 日・韓漁業権制度の比較研究を中心に

この論文をさがす

著者

    • 金, 炳浩 キム, ビョンホ

書誌事項

タイトル

高度成長以降の韓国沿岸漁場利用制度の変貌 : 日・韓漁業権制度の比較研究を中心に

著者名

金, 炳浩

著者別名

キム, ビョンホ

学位授与大学

長崎大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

甲第31号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0007.jp2)
  3. 第I章.序論 / p1 (0010.jp2)
  4. 1節.研究の目的及び意義 / p1 (0010.jp2)
  5. 2節.本研究の基軸を成す思考 / p3 (0012.jp2)
  6. 3節.研究の方法及び限界 / p5 (0014.jp2)
  7. 第II章.戦後韓国漁業法制定の背景及び経緯 / p9 (0018.jp2)
  8. 1節.社会経済的背景 / p9 (0018.jp2)
  9. 1)一般的経済状況 / p10 (0019.jp2)
  10. 2)漁業での状況 / p11 (0020.jp2)
  11. 2節.李承晩ライン / p14 (0023.jp2)
  12. 1)漁業での資材難と援助資金使用計画 / p14 (0023.jp2)
  13. 2)日本漁業進出の脅威 / p15 (0024.jp2)
  14. 3)李承晩ラインと韓国における企業的漁業の育成 / p17 (0026.jp2)
  15. 3節.漁業法制定の経緯 / p21 (0030.jp2)
  16. 第III章.水産業協同組合の組織及び機能上の特徴 / p37 (0046.jp2)
  17. 第IV章.漁場計画と漁業権漁業の区分 / p52 (0061.jp2)
  18. 1節.漁場計画 / p52 (0061.jp2)
  19. 2節.漁業権漁業の区分 / p55 (0064.jp2)
  20. 1)定置漁業 / p57 (0066.jp2)
  21. 2)区画漁業 / p58 (0067.jp2)
  22. 3)共同漁業 / p62 (0071.jp2)
  23. 第V章.漁業権の帰属 / p71 (0080.jp2)
  24. 1節.漁業権者の決定における漁場計画の意義 / p72 (0081.jp2)
  25. 1)漁場計画と適格性及び優先順位 / p72 (0081.jp2)
  26. 2)地先地区と関係地区 / p72 (0081.jp2)
  27. 3)生産力向上と生活権保障 / p73 (0082.jp2)
  28. 2節.適格性及び優先順位 / p75 (0084.jp2)
  29. 1)適格性の意義 / p75 (0084.jp2)
  30. 2)日本の漁業免許優先順位 / p75 (0084.jp2)
  31. 3)韓国の漁業免許優先順位 / p78 (0087.jp2)
  32. 3節.入漁及び入漁権 / p88 (0097.jp2)
  33. 1)漁業権と入漁及び入漁権 / p88 (0097.jp2)
  34. 2)日本の場合の入漁及び入漁権 / p89 (0098.jp2)
  35. 3)韓国の場合の入漁 / p91 (0100.jp2)
  36. 第VI章.漁業権の行使と存続期間 / p96 (0105.jp2)
  37. 1節.漁業権の行使者 / p96 (0105.jp2)
  38. 1)漁業権の移転 / p97 (0106.jp2)
  39. 2)日・韓両国における漁業権行使規則上の行使資格 / p98 (0107.jp2)
  40. 3)団体管理漁業権の管理主体としての漁村契 / p100 (0109.jp2)
  41. 4)韓国における漁業権行使規則上の行使者資格規定の特徴と問題点 / p103 (0112.jp2)
  42. 2節.漁業権の行使方法 / p106 (0115.jp2)
  43. 1)養殖漁業権の行使方法 / p109 (0118.jp2)
  44. 2)共同漁業権の行使方法 / p112 (0121.jp2)
  45. 3)地蒔式養殖漁業及び第1種共同漁業における採捕方法 / p116 (0125.jp2)
  46. 3節.漁業権の存続期間 / p124 (0133.jp2)
  47. 第VII章.今後の韓国沿岸漁場利用関係の変化要因と展望 / p133 (0142.jp2)
  48. 1節.資源管理型漁業 / p134 (0143.jp2)
  49. 1)資源管理型漁業の意義及び性格 / p134 (0143.jp2)
  50. 2)資源管理型漁業への移行のための諸前提 / p137 (0146.jp2)
  51. 3)資源管理型漁業の諸類型と共同操業・プール制 / p140 (0149.jp2)
  52. 2節.今後において韓国沿岸漁場利用制度のあり方 / p142 (0151.jp2)
  53. 1)沿岸漁場の団体的利用への移行を迫る諸環境の変化 / p144 (0153.jp2)
  54. 2)沿岸漁場の団体的利用への移行 / p147 (0156.jp2)
  55. 3)沿岸漁場の団体的利用への移行のための諸前提 / p148 (0157.jp2)
  56. 第VIII章.要約及び結論 / p152 (0161.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089508
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089729
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000253822
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ