Detection of autoantibody to the 19 kD centromere antigen using immunoblotting in connective tissue diseases 結合組織疾患における免疫ブロット法によるセントロメア抗体測定の意義

この論文をさがす

著者

    • 高品, 直哉 タカシナ, ナオヤ

書誌事項

タイトル

Detection of autoantibody to the 19 kD centromere antigen using immunoblotting in connective tissue diseases

タイトル別名

結合組織疾患における免疫ブロット法によるセントロメア抗体測定の意義

著者名

高品, 直哉

著者別名

タカシナ, ナオヤ

学位授与大学

北里大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第548号

学位授与年月日

1992-03-30

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089752
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000089973
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254066
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ