異味症を指標としたラットによる動揺病実験モデルと自律神経系の関与に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 毅 コバヤシ, タケシ

書誌事項

タイトル

異味症を指標としたラットによる動揺病実験モデルと自律神経系の関与に関する研究

著者名

小林, 毅

著者別名

コバヤシ, タケシ

学位授与大学

東京慈恵会医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1717号

学位授与年月日

1991-11-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p449 (0002.jp2)
  2. 第1章:緒言 / p450 (0003.jp2)
  3. 第2章:実験方法 / p450 (0003.jp2)
  4. 1.実験1:回転刺激による異味症誘発の検討 / p450 (0003.jp2)
  5. 2.実験2:手術的迷路破壊による異味症誘発と自律神経遮断薬の効果に関する検討 / p451 (0003.jp2)
  6. 3.実験3:回転刺激による心拍数,R-R間隔(R-R interval)およびR-R間隔の変動係数(CVʀ₋ʀ)の変化の検討 / p451 (0003.jp2)
  7. 第3章:結果 / p452 (0004.jp2)
  8. 1.実験 / p452 (0004.jp2)
  9. 2.実験 / p453 (0004.jp2)
  10. 3.実験 / p454 (0005.jp2)
  11. 第4章:考察 / p456 (0006.jp2)
  12. 第5章:結語 / p460 (0008.jp2)
  13. Magnetic resonanse images により診断されたArnold-Chiari奇形の1症例 / p53 (0012.jp2)
  14. 眩暈のリハビリテーション―耳鼻咽喉科医は何をすべきか― / p47 (0017.jp2)
  15. めまいに対する神経血管減圧術の治療経験 / p53 (0022.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089809
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090030
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254123
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ