寒地におけるホールクロップ・サイレージ用トウモロコシの安定多収への栽培改善と品種改良に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 戸沢, 英男, 1940- トザワ, ヒデオ

書誌事項

タイトル

寒地におけるホールクロップ・サイレージ用トウモロコシの安定多収への栽培改善と品種改良に関する研究

著者名

戸沢, 英男, 1940-

著者別名

トザワ, ヒデオ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第350号

学位授与年月日

1985-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第I章 緒論 / p5 (0005.jp2)
  3. 第II章 寒地における生育特性とその問題点 / p15 (0010.jp2)
  4. 第1節 生育の推移とその問題点 / p15 (0010.jp2)
  5. 1.生育の推移における問題点 / p16 (0011.jp2)
  6. 2.発芽の遅速における問題点 / p22 (0014.jp2)
  7. 3.考察 / p25 (0015.jp2)
  8. 4.摘要 / p32 (0019.jp2)
  9. 第2節 登熟期の乾物・TDN蓄積および乾物率の推移からみた問題点 / p34 (0020.jp2)
  10. 1.試験方法 / p35 (0020.jp2)
  11. 2.試験結果 / p40 (0023.jp2)
  12. 3.考察 / p45 (0025.jp2)
  13. 4.摘要 / p54 (0030.jp2)
  14. 第III章 栽培法の改善に関する研究 / p57 (0031.jp2)
  15. 第1節 播種時期試験 / p57 (0031.jp2)
  16. 1.播種期の違いが生育収量および倒状に及ぼす影響 / p59 (0032.jp2)
  17. 2.晩霜被害、覆土深および播種時期の関係 / p73 (0039.jp2)
  18. 3.考察 / p87 (0046.jp2)
  19. 4.摘要 / p94 (0050.jp2)
  20. 第2節 栽植密度試験 / p97 (0051.jp2)
  21. 1.試験方法 / p98 (0052.jp2)
  22. 2.試験結果 / p100 (0053.jp2)
  23. 3.考察 / p113 (0059.jp2)
  24. 4.摘要 / p119 (0062.jp2)
  25. 第3節 施肥法改善試験 / p121 (0063.jp2)
  26. 1.試験の条件 / p123 (0064.jp2)
  27. 2.窒素の施肥位置および基肥量 / p127 (0066.jp2)
  28. 3.窒素の分施時期 / p142 (0074.jp2)
  29. 4.窒素の基肥量および分施時期の関係 / p147 (0076.jp2)
  30. 5.考察 / p149 (0077.jp2)
  31. 6.摘要 / p157 (0081.jp2)
  32. 第IV章 品種改良に関する研究 / p159 (0082.jp2)
  33. 第1節 低温発芽性の検定法 / p159 (0082.jp2)
  34. 1.低温発芽性検定方法の確立 / p162 (0084.jp2)
  35. 2.低温発芽性の遺伝様式 / p172 (0089.jp2)
  36. 3.考察 / p178 (0092.jp2)
  37. 4.摘要 / p189 (0097.jp2)
  38. 第2節 耐倒伏性の検定法 / p192 (0099.jp2)
  39. 1.検定法 / p194 (0100.jp2)
  40. 2.自殖系統とこれらの間のF₁に現れる検定パターン,倒伏および引倒し力 / p200 (0103.jp2)
  41. 3.考察 / p205 (0105.jp2)
  42. 4.摘要 / p210 (0108.jp2)
  43. 第3節 夛収性および品質向上 / p212 (0109.jp2)
  44. 1.品種および栽培・環境条件の差による部位別乾物重の相互関係 / p213 (0109.jp2)
  45. 2.部位別炭水化物生産と品種の茎葉特性との関係 / p219 (0112.jp2)
  46. 3.部位別乾物重および乾物率におけるヘテローシスの発現 / p232 (0119.jp2)
  47. 4.考察 / p239 (0122.jp2)
  48. 5.摘要 / p254 (0130.jp2)
  49. 第V章 地帯別作期別品種配合に関する研究 / p259 (0132.jp2)
  50. 第1節 生育期間における各種積算温度の一定性 / p260 (0133.jp2)
  51. 1.各種積算温度の一定性と品種の必要温度 / p260 (0133.jp2)
  52. 2.単純積算温度有効性の根拠 / p268 (0137.jp2)
  53. 3.考察 / p280 (0143.jp2)
  54. 4.摘要 / p290 (0148.jp2)
  55. 第2節 北海道相対熟度 / p293 (0149.jp2)
  56. 1.検討方法 / p294 (0150.jp2)
  57. 2.検討結果 / p294 (0150.jp2)
  58. 3.考察 / p304 (0155.jp2)
  59. 4.摘要 / p308 (0157.jp2)
  60. 第3節 地帯区分と作期別品種配合 / p310 (0158.jp2)
  61. 1.検討方法 / p310 (0158.jp2)
  62. 2.検討結果 / p312 (0159.jp2)
  63. 3.考察 / p319 (0162.jp2)
  64. 4.摘要 / p322 (0164.jp2)
  65. 第IV章 総括および結論 / p324 (0165.jp2)
  66. 引用文献 / p339 (0172.jp2)
  67. Summary / p362 (0184.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000089999
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986080
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254313
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ