ラジノクローバ人為倍数体(二基八倍性)の稔実性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 芹澤, 良久 セリザワ, ヨシヒサ

書誌事項

タイトル

ラジノクローバ人為倍数体(二基八倍性)の稔実性に関する研究

著者名

芹澤, 良久

著者別名

セリザワ, ヨシヒサ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第361号

学位授与年月日

1985-10-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I.緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. II.材料および方法 / p3 (0007.jp2)
  4. III.人工交配における種子稔性および発芽率 / p12 (0016.jp2)
  5. IV.自然放任受粉における稔実性、種子の形状および発芽率 / p14 (0018.jp2)
  6. V.胚嚢形成 / p23 (0027.jp2)
  7. 1.4Xと8Xの胚嚢の形態的比較 / p23 (0027.jp2)
  8. 2.4Xと8Xの胚嚢分化における経時的差異 / p25 (0029.jp2)
  9. VI.花粉形成 / p37 (0041.jp2)
  10. 1.花粉形成過程 / p37 (0041.jp2)
  11. 2.成熟分裂過程における染色体の行動 / p41 (0045.jp2)
  12. 3.花粉四分子の形成および花粉稔性 / p42 (0046.jp2)
  13. VII.分子系間の不和合性の検討 / p48 (0052.jp2)
  14. VIII.胚と胚乳の発育 / p49 (0053.jp2)
  15. 1.4Xと8Xの胚発育の形態的比較 / p49 (0053.jp2)
  16. 2.4xと8Xの胚発育における経時的差異 / p52 (0056.jp2)
  17. 3.発育異常胚の出現率 / p60 (0064.jp2)
  18. IX.次代植物の染色体数および諸形質 / p64 (0068.jp2)
  19. 1.次代植物の染色体数 / p64 (0068.jp2)
  20. 2.次代植物の諸形質 / p68 (0072.jp2)
  21. X.考察 / p111 (0115.jp2)
  22. XI.結論 / p121 (0125.jp2)
  23. 1).ラジノクローバ人為倍数体における低稔実性の要因 / p121 (0125.jp2)
  24. 2).ラジノクローバ人為倍数体の種子繁殖による実用化の可能性 / p122 (0126.jp2)
  25. XII.摘要 / p125 (0129.jp2)
  26. XIII.謝辞 / p132 (0136.jp2)
  27. XIV.引用文献 / p133 (0137.jp2)
  28. XV.Summary / p140 (0144.jp2)
  29. XVI.図版 / p146 (0150.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090010
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090231
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254324
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ