野菜の価格形成と産地展開に関する計量経済学的研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 充夫, 農業経済学 スズキ, ミツオ

書誌事項

タイトル

野菜の価格形成と産地展開に関する計量経済学的研究

著者名

鈴木, 充夫, 農業経済学

著者別名

スズキ, ミツオ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第391号

学位授与年月日

1986-05-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1部 野菜の価格形成と産地展開の問題点 / (0010.jp2)
  3. 序章 本研究の目的と構成 / p8 (0011.jp2)
  4. 第1節 野菜問題の所在 / p8 (0011.jp2)
  5. 第2節 目的と構成 / p10 (0013.jp2)
  6. 第1章 野菜の価格形成と産地展開に関する研究成果の展望 / p24 (0027.jp2)
  7. 第1節 野菜の卸売価格形成 / p24 (0027.jp2)
  8. 1.価格変動 / p25 (0028.jp2)
  9. 2.卸売価格形成 / p29 (0032.jp2)
  10. 第2節 野菜の産地展開 / p36 (0039.jp2)
  11. 第2章 野菜需給の動向 / p41 (0044.jp2)
  12. 第2部 野菜の価格形成 / (0062.jp2)
  13. 第3章 野菜の卸売価格と入荷量の長期変動-昭和30年~昭和56年における東京都中央卸売市場を対象として- / p59 (0063.jp2)
  14. 第1節 課題 / p59 (0063.jp2)
  15. 第2節 価格及び入荷量変動のとらえ方 / p65 (0069.jp2)
  16. 第3節 対象野菜品目と分析資料 / p73 (0077.jp2)
  17. 第4節 価格変動の分析結果 / p77 (0081.jp2)
  18. 第5節 入荷量変動の分析結果 / p90 (0094.jp2)
  19. 第6節 価格変動と入荷量変動の関係 / p104 (0108.jp2)
  20. 第7節 小括 / p110 (0114.jp2)
  21. 第4章 野菜卸売価格変動の要因分析-需要関数分析によるアプローチ- / p113 (0117.jp2)
  22. 第1節 課題 / p113 (0117.jp2)
  23. 第2節 対象品目と対象期間及び資料 / p120 (0124.jp2)
  24. 第3節 予備的考察 / p123 (0127.jp2)
  25. 第4節 分析モデル / p129 (0133.jp2)
  26. 第5節 計測結果及び評価 / p153 (0157.jp2)
  27. 第6節 小括 / p188 (0192.jp2)
  28. 第5章 野菜の卸売価格形成と小売価格決定メカニズム / p195 (0199.jp2)
  29. 第1節 課題 / p195 (0199.jp2)
  30. 第2節 予備的考察 / p197 (0201.jp2)
  31. 第3節 分析モデル / p205 (0209.jp2)
  32. 第4節 計測結果 / p226 (0230.jp2)
  33. 第5節 結果の検討 / p234 (0238.jp2)
  34. 第6節 小括 / p240 (0244.jp2)
  35. 第3部 野菜の産地展開 / (0251.jp2)
  36. 第6章 野菜産地の類型区分-主成分分析及び類似パターン分析による計量分析- / p247 (0252.jp2)
  37. 第1節 課題 / p247 (0252.jp2)
  38. 第2節 野菜産地類型区分の考え方 / p248 (0253.jp2)
  39. 第3節 野菜産地の抽出と産地類型化の方法 / p257 (0262.jp2)
  40. 1.対象市町村の抽出 / p257 (0262.jp2)
  41. 2.産地類型化の手法 / p263 (0268.jp2)
  42. 第4節 野菜産地の類型区分 / p273 (0278.jp2)
  43. 1.特性値の選択 / p273 (0278.jp2)
  44. 2.主成分分析の計測結果 / p277 (0282.jp2)
  45. 3.野菜産地の類型区分(1) / p298 (0303.jp2)
  46. 4.野菜産地の類型区分(2) / p311 (0316.jp2)
  47. 第5節 小括 / p320 (0325.jp2)
  48. 第7章 野菜産地類型とその形成要因-数量化理論の適用による- / p330 (0335.jp2)
  49. 第1節 課題 / p330 (0335.jp2)
  50. 第2節 対象市町村の選定 / p335 (0340.jp2)
  51. 第3節 分析のための予備的考察 / p336 (0341.jp2)
  52. 1.野菜産地類型と野菜品目 / p336 (0341.jp2)
  53. 2.野菜産地類型と産地形成要因 / p344 (0349.jp2)
  54. 第4節 分析モデル / p354 (0359.jp2)
  55. 第5節 計測結果 / p364 (0369.jp2)
  56. 第6節 小括 / p387 (0392.jp2)
  57. 第8章 2次計画法によるピーマンの出荷計画 / p389 (0394.jp2)
  58. 第1節 課題 / p389 (0394.jp2)
  59. 第2節 出荷計画における方法論的検討 / p391 (0396.jp2)
  60. 第3節 分析モデル / p397 (0402.jp2)
  61. 第4節 対象地域の概況及び出荷計画の実態 / p414 (0419.jp2)
  62. 1.対象地域の概況 / p414 (0419.jp2)
  63. 2.出荷計画の実態 / p425 (0430.jp2)
  64. 第5節 モデルに必要な諸定数の計測 / p430 (0435.jp2)
  65. 1.需要関数の推定 / p434 (0439.jp2)
  66. 2.計画時期の出荷量の推定 / p436 (0441.jp2)
  67. 3.市場別出荷量の上限値と下限値の推定 / p436 (0441.jp2)
  68. 4.単体表の作成 / p441 (0446.jp2)
  69. 第6節 計測結果及び評価 / p444 (0449.jp2)
  70. 第7節 小括 / p446 (0451.jp2)
  71. 第9章 本研究の成果と野菜産地の展開方向 / p448 (0453.jp2)
  72. 第1節 本研究の成果 / p448 (0453.jp2)
  73. 第2節 野菜生産の展開方向 / p459 (0464.jp2)
  74. 第3節 残された課題 / p464 (0469.jp2)
  75. 補論 野菜産地類型別の経営計画モデルの策定-ゴール・プログラミング法の適用による- / p468 (0473.jp2)
  76. 第1節 課題 / p468 (0473.jp2)
  77. 第2節 予備的考察 / p469 (0474.jp2)
  78. 1.経営計画モデル作成の意義 / p469 (0474.jp2)
  79. 2.経営計画モデル作成のための方法論的検討 / p472 (0477.jp2)
  80. 第3節 対象産地及び中核農家の概況 / p493 (0498.jp2)
  81. 1.分析対象地域の概況 / p493 (0498.jp2)
  82. 2.経営計画モデル作成のための中核農家の概況 / p505 (0510.jp2)
  83. 第4節 分析手法 / p513 (0518.jp2)
  84. 1.ゴール・プログラミング法の考え方 / p515 (0520.jp2)
  85. 2.ゴール・プログラミング法による農業経営計画 / p521 (0526.jp2)
  86. 第5節 基礎資料と単体表 / p531 (0536.jp2)
  87. 第6節 結果の検討と評価 / p560 (0565.jp2)
  88. 1.結果の検討 / p560 (0565.jp2)
  89. 2.評価 / p583 (0588.jp2)
  90. 第7節 小括 / p588 (0593.jp2)
  91. 引用及び参考文献 / p608 (0613.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090040
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986087
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254354
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ