雄ラットの生殖器官成熟におよぼすトコフェロール誘導体の影響

この論文をさがす

著者

    • 惟村, 直公 コレムラ, ナオヒサ

書誌事項

タイトル

雄ラットの生殖器官成熟におよぼすトコフェロール誘導体の影響

著者名

惟村, 直公

著者別名

コレムラ, ナオヒサ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第421号

学位授与年月日

1987-08-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第I章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 本論文の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2節 著者論文の大要 / p4 (0010.jp2)
  5. 第II章 実験方法 / p7 (0013.jp2)
  6. 第1節 ビタミンE誘導体の合成方法 / p7 (0013.jp2)
  7. 第2節 実験動物の飼育方法 / p9 (0015.jp2)
  8. 第3節 精巣組織標本の作製法 / p12 (0018.jp2)
  9. 第4節 定量法 / p13 (0019.jp2)
  10. 第III章 ビタミンE誘導体の基礎的生理活性 / p20 (0026.jp2)
  11. 第1節 ビタミンE誘導体の構造決定 / p21 (0027.jp2)
  12. 第2節 ビタミンE誘導体の溶血抑制力 / p33 (0039.jp2)
  13. 第IV章 ビタミンE誘導体の生殖器官への効果 / p41 (0047.jp2)
  14. 第1節 組織重量および組織中のRNA,DNA,トコフェロール量 / p43 (0049.jp2)
  15. 第2節 睾丸,前立腺中のポリアミン濃度の変動 / p50 (0056.jp2)
  16. 第3節 ビタミンE誘導体投与による黄体形成ホルモン(LH),卵胞刺激ホルモン(FSH)およびテストステロンの変動 / p54 (0060.jp2)
  17. 第4節 ビタミンE誘導体投与による睾丸の組織学的観察 / p62 (0068.jp2)
  18. 第V章 雄ラットの生殖器官成熟におよぼすトコフェロールとアミノ酸の効果 / p68 (0078.jp2)
  19. 第1節 アルギニン,メチオニン,dl-α-トコフェロール投与による組織重量および組織中のトコフェロール含量の変動 / p70 (0080.jp2)
  20. 第2節 アルギニン,メチオニン,dl-α-トコフェロール投与によるRNA,DNAおよびタンパク質の変動 / p77 (0087.jp2)
  21. 第3節 生殖器官中のポリアミン濃度の変動 / p81 (0091.jp2)
  22. 第4節 アルギニン,メチオニン,dl-α-トコフェロール投与による黄体形成ホルモン(LH),卵胞剌激ホルモン(FSH)およびテストステロンの変動 / p85 (0095.jp2)
  23. 第5節 アルギニン,メチオニン,dl-α-トコフェロール投与による睾丸の組織学的観察 / p94 (0104.jp2)
  24. 第VI章 総括および討論 / p102 (0116.jp2)
  25. Summary / (0126.jp2)
  26. 参考文献 / (0131.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090070
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090291
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254384
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ