黒鉛-ハロゲン残留化合物の擬弾性的エネルギー損失に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 馬場, 將好 ババ, マサヨシ

書誌事項

タイトル

黒鉛-ハロゲン残留化合物の擬弾性的エネルギー損失に関する研究

著者名

馬場, 將好

著者別名

ババ, マサヨシ

学位授与大学

日本大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

乙第4375号

学位授与年月日

1992-07-06

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0003.jp2)
  3. §1-1 本研究の目的 / p1 (0003.jp2)
  4. §1-2 黒鉛およびその残留化合物(GRC)の構造と格子欠陥 / p3 (0004.jp2)
  5. §1-3 擬弾性理論 / p12 (0009.jp2)
  6. §1-4 転位に起因する内部摩擦 / p16 (0011.jp2)
  7. 第2章 Halogen-GRCの常温近辺における内部摩擦極大 / p21 (0013.jp2)
  8. §2-1 GRC試料の調製法 / p21 (0013.jp2)
  9. §2-2 内部摩擦(Q⁻¹)測定法 / p23 (0014.jp2)
  10. §2-3 Halogen-GRCのQ⁻¹スペクトル / p26 (0016.jp2)
  11. §2-4 Sвピークの活性化エネルギー / p30 (0018.jp2)
  12. §2-5 GRCの内部摩擦ピークの緩和機構 / p35 (0020.jp2)
  13. 第3章 Halogen-GRCの高温弾性率の異常 / p43 (0024.jp2)
  14. §3-1 試料および高温内部摩擦測定法 / p43 (0024.jp2)
  15. §3-2 高温Q⁻¹および動弾性率の測定結果 / p45 (0025.jp2)
  16. §3-3 Halogen-GRCの高温域擬弾性に関する考察 / p48 (0027.jp2)
  17. 第4章 Halogen-GRCの熱的構造変化と諸物性 / p52 (0029.jp2)
  18. §4-1 黒鉛-臭素残留化合物の動弾性率と電気抵抗率の同時測定 / p52 (0029.jp2)
  19. §4-2 黒鉛-I Cl残留化合物の動弾性率の熱履歴現象 / p57 (0031.jp2)
  20. §4-3 Halogen-GRCの基底面間隔(d)の測定 / p59 (0032.jp2)
  21. §4-4 Halogen-GRCの熱膨張(∆L/L)の測定 / p64 (0035.jp2)
  22. §4-5 Halogen-GRCの高温諸物性と構造変化 / p68 (0037.jp2)
  23. 第5章 総括 / p70 (0038.jp2)
  24. 引用文献 / p74 (0040.jp2)
  25. 和文要旨 / p77 (0041.jp2)
  26. 英文要旨 / p81 (0043.jp2)
  27. 独文要旨 / p85 (0045.jp2)
  28. 謝辞 / p90 (0048.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090207
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090428
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254521
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ