代数的手法に基づくコンパイラの仕様記述・検証・自動生成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 酒井, 正彦 サカイ, マサヒコ

書誌事項

タイトル

代数的手法に基づくコンパイラの仕様記述・検証・自動生成に関する研究

著者名

酒井, 正彦

著者別名

サカイ, マサヒコ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2538号

学位授与年月日

1992-01-31

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:工学博士 (課程) 学位授与年月日:平成4年1月31日

目次

  1. もくじ / p1 (0004.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0010.jp2)
  4. 1.2 コンパイラ生成系とその必要性 / p2 (0011.jp2)
  5. 1.3 背景 / p4 (0012.jp2)
  6. 1.4 本論文の目的と方法 / p10 (0015.jp2)
  7. 1.5 本論文の構成 / p13 (0016.jp2)
  8. 2 基本的な概念と記法 / p17 (0018.jp2)
  9. 2.1 多ソート代数 / p17 (0018.jp2)
  10. 2.2 抽象データ型の代数的仕様とそれが表す抽象データ型 / p21 (0020.jp2)
  11. 2.3 項書換え系 / p23 (0021.jp2)
  12. 3 抽象データ型の代数的仕様の直接実現系Cdimple / p25 (0022.jp2)
  13. 3.1 はじめに / p25 (0022.jp2)
  14. 3.2 抽象データ型とその直接実現アルコリズム / p28 (0024.jp2)
  15. 3.3 抽象データ型の直接実現系の実装 / p44 (0032.jp2)
  16. 3.4 抽象データ型の直接実現アルゴリズムの改良 / p53 (0036.jp2)
  17. 3.5 おわりに / p64 (0042.jp2)
  18. 4 代数的仕様記述法に基づく言語処理系の自動生成系Lass / p67 (0043.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p67 (0043.jp2)
  20. 4.2 プログラミング言語の代数的仕様記述法 / p70 (0045.jp2)
  21. 4.3 言語の代数的仕様に基づくプログラムの直接実行 / p73 (0046.jp2)
  22. 4.4 プログラミング言語の仕様記述言語 / p77 (0048.jp2)
  23. 4.5 Lassの実装 / p85 (0052.jp2)
  24. 4.6 実行例 / p89 (0054.jp2)
  25. 4.7 他のシステムとの比較 / p91 (0055.jp2)
  26. 4.8 おわりに / p93 (0056.jp2)
  27. 5 コンパイラの代数的仕様記述と自動生成 / p95 (0057.jp2)
  28. 5.1 はじめに / p95 (0057.jp2)
  29. 5.2 コンパイラの仕様記述法 / p99 (0059.jp2)
  30. 5.3 PL/0コンパイラの仕様 / p106 (0063.jp2)
  31. 5.4 仕様からのコンパイラ自動生成 / p118 (0069.jp2)
  32. 5.5 PL/Oコンパイラの自動生成とその動作例 / p121 (0070.jp2)
  33. 5.6 おわりに / p126 (0073.jp2)
  34. 6 代数的仕様の検証のための被覆集合帰納法 / p129 (0074.jp2)
  35. 6.1 はじめに / p129 (0074.jp2)
  36. 6.2 帰納的定理と構造帰納法 / p131 (0075.jp2)
  37. 6.3 被覆集合帰納法 / p137 (0078.jp2)
  38. 6.4 他の方法との比較 / p153 (0086.jp2)
  39. 6.5 被覆集合帰納法の改良 / p156 (0088.jp2)
  40. 6.6 おわりに / p165 (0092.jp2)
  41. 7 コンパイラの代数的仕様の検証法 / p167 (0093.jp2)
  42. 7.1 はじめに / p167 (0093.jp2)
  43. 7.2 仕様の検証の枠組 / p168 (0094.jp2)
  44. 7.3 検証の方法 / p171 (0095.jp2)
  45. 7.4 PL/Oサブセットのコンパイラの仕様の検証 / p172 (0096.jp2)
  46. 7.5 おわりに / p173 (0096.jp2)
  47. 8 結論 / p175 (0097.jp2)
  48. 8.1 本論文のまとめ / p175 (0097.jp2)
  49. 8.2 今後の課題と展望 / p177 (0098.jp2)
  50. 謝辞 / p181 (0100.jp2)
  51. 参考文献 / p183 (0101.jp2)
  52. 付録 / p195 (0107.jp2)
  53. A 被覆集合帰納法に基づく証明例 / p195 (0107.jp2)
  54. B PL/Oコンパイラの仕様 / p201 (0110.jp2)
  55. C PL/Oサブセットコンパイラの検証 / p213 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090285
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090506
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000254599
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ