高分子電気絶縁材料の高電界劣化とそれに及ぼす吸蔵酸素の影響

この論文をさがす

著者

    • 内田, 克己 ウチダ, カツミ

書誌事項

タイトル

高分子電気絶縁材料の高電界劣化とそれに及ぼす吸蔵酸素の影響

著者名

内田, 克己

著者別名

ウチダ, カツミ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2609号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1.本研究の目的と背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2.電気トリーに関する従来の研究 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-3.本論文の概要 / p8 (0010.jp2)
  6. 参考文献 / p10 (0011.jp2)
  7. 第2章 室温領域におけるトリー発生と酸素濃度 / p12 (0012.jp2)
  8. 2-1.まえがき / p12 (0012.jp2)
  9. 2-2.酸素濃度を変えた時の交流トリー発生電圧 / p12 (0012.jp2)
  10. 2-3.高真空中における交流トリー発生電圧 / p17 (0014.jp2)
  11. 2-4.脱酸素剤試料の交流トリー発生電圧 / p24 (0018.jp2)
  12. 2-5.インパルストリー発生に対する酸素の効果 / p29 (0020.jp2)
  13. 2-6.まとめ / p33 (0022.jp2)
  14. 参考文献 / p33 (0022.jp2)
  15. 第3章 高温領域における交流トリー発生に対する酸素の効果 / p35 (0023.jp2)
  16. 3-1.まえがき / p35 (0023.jp2)
  17. 3-2.実験方法 / p35 (0023.jp2)
  18. 3-3.実験結果及び検討 / p37 (0024.jp2)
  19. 3-4.まとめ / p42 (0027.jp2)
  20. 参考文献 / p42 (0027.jp2)
  21. 第4章 変質領域の化学的、微視的構造 / p43 (0027.jp2)
  22. 4-1.まえがき / p43 (0027.jp2)
  23. 4-2.変質領域の化学的構造 / p43 (0027.jp2)
  24. 4-3.変質領域の微視的構造 / p55 (0033.jp2)
  25. 4-4.まとめ / p71 (0041.jp2)
  26. 参考文献 / p76 (0044.jp2)
  27. 第5章 変質領域の形成に対する温度・電圧の効果 / p77 (0044.jp2)
  28. 5-1.まえがき / p77 (0044.jp2)
  29. 5-2.実験方法 / p77 (0044.jp2)
  30. 5-3.実験結果 / p78 (0045.jp2)
  31. 5-4.検討 / p83 (0047.jp2)
  32. 5-5.まとめ / p86 (0049.jp2)
  33. 参考文献 / p87 (0049.jp2)
  34. 第6章 電気トリー及び変質領域の発生機構 / p88 (0050.jp2)
  35. 6-1.まえがき / p88 (0050.jp2)
  36. 6-2.トリー及び変質領域発生機構 / p88 (0050.jp2)
  37. 6-3.まとめ / p97 (0054.jp2)
  38. 参考文献 / p98 (0055.jp2)
  39. 第7章 他の高分子におけるトリー発生 / p100 (0056.jp2)
  40. 7-1.まえがき / p100 (0056.jp2)
  41. 7-2.実験方法 / p100 (0056.jp2)
  42. 7-3.実験結果 / p102 (0057.jp2)
  43. 7-4.検討 / p106 (0059.jp2)
  44. 7-5.まとめ / p109 (0060.jp2)
  45. 参考文献 / p109 (0060.jp2)
  46. 第8章 変質領域のトリー発生に及ぼす影響 / p111 (0061.jp2)
  47. 8-1.まえがき / p111 (0061.jp2)
  48. 8-2.実験方法 / p111 (0061.jp2)
  49. 8-3.実験結果 / p112 (0062.jp2)
  50. 8-4.検討 / p112 (0062.jp2)
  51. 8-5.まとめ / p118 (0065.jp2)
  52. 参考文献 / p118 (0065.jp2)
  53. 第9章 総括 / p120 (0066.jp2)
  54. 9-1.本研究で得られた知見 / p120 (0066.jp2)
  55. 9-2.本研究の工学的意義と今後の課題 / p123 (0067.jp2)
  56. 謝辞 / p125 (0068.jp2)
  57. 研究業績 / p126 (0069.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090356
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000090577
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254670
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ