テンニース研究 : 現代社会学の源流

この論文をさがす

著者

    • 飯田, 哲也, 1936- イイダ, テツヤ

書誌事項

タイトル

テンニース研究 : 現代社会学の源流

著者名

飯田, 哲也, 1936-

著者別名

イイダ, テツヤ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第4100号

学位授与年月日

1992-02-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0005.jp2)
  2. 第一部 / (0006.jp2)
  3. 第一章 テンニースの復権 / p2 (0007.jp2)
  4. 一 テンニースの社会学理論の運命 / p2 (0007.jp2)
  5. ニ テンニース評価をめぐつて / p8 (0010.jp2)
  6. 三 「テンニース・ルネッサンス」の特徴 / p15 (0013.jp2)
  7. 四 現代社会学の源流を求めて / p22 (0017.jp2)
  8. 第二章 社会学思想の形成 / p28 (0020.jp2)
  9. 一 テンニース小伝 / p28 (0020.jp2)
  10. 二 学問的地平の拡大 / p36 (0024.jp2)
  11. 三 具体的現実への関心 / p44 (0028.jp2)
  12. 第三章 社会学理論への道 / p51 (0031.jp2)
  13. 一 社会学的思惟の進展 / p51 (0031.jp2)
  14. 二 社会学的思惟の成熟 / p59 (0035.jp2)
  15. 三 マルクス、ギールケ、メーンなど / p67 (0039.jp2)
  16. 第四章 ゲマインシャフトとゲゼルシャフト / p80 (0046.jp2)
  17. 一 原型としての就職論文 / p80 (0046.jp2)
  18. 二 主著『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』について / p87 (0049.jp2)
  19. 三 両概念の理解をめぐつて / p97 (0054.jp2)
  20. 中間考察 / p109 (0060.jp2)
  21. 第二部 / (0070.jp2)
  22. 第五章 社会学体系と経験社会学 / p130 (0071.jp2)
  23. 一 社会学体系 / p130 (0071.jp2)
  24. 二 経験社会学的諸研究 / p137 (0074.jp2)
  25. 三 社会誌学としての経験社会学 / p149 (0080.jp2)
  26. 第六章 応用社会学と現実認識 / p159 (0085.jp2)
  27. 一 応用社会学をめぐって / p159 (0085.jp2)
  28. 二 応用社会学的諸論考 / p165 (0088.jp2)
  29. 三 現実認識としての応用社会学 / p177 (0094.jp2)
  30. 第七章 テンニース社会学の性格と現実認識 / p185 (0098.jp2)
  31. 一 純粋社会学の基本概念 / p185 (0098.jp2)
  32. 二 テンニース社会学の基本性格 / p194 (0103.jp2)
  33. 三 テンニースの現実認識 / p201 (0106.jp2)
  34. 第八章 共感と科学のはざまで / p212 (0112.jp2)
  35. 一 現代社会学の源流としてのテンニース / p213 (0112.jp2)
  36. 二 テンニースにたいする批判的評価 / p219 (0115.jp2)
  37. 三 テンニースと現代―二一世紀へ向けて / p226 (0119.jp2)
  38. あとがき / p239 (0125.jp2)
  39. テンニース著作目録 / p3 (0128.jp2)
  40. 人名索引 / p1 (0129.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000090468
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000986126
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000254782
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ